読書アクセス
「充実した読書につなげられるような案内作り」をテーマとして、多読のビジネスマンが本の紹介や比較をしているWebサイト
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

「株で勝つ」ピーター・リンチ著
本書は、アメリカのファンドマネージャーが株式投資で成功するための方法を解説した本である。
1990年に日本語の初版が出ているが、その内容は普遍的であり、安定的に成果を挙げるための知識が豊富に述べられていると感じる。


[見解]
株式の値段は利益と変動するが、利益が動き出す始まりは消費者にうけることであって、それを感じとれる個人投資家には十分に勝つチャンスがある。もちろん、その時点で時価総額が純利益の50倍になっていたりと割高であれば値上がりは困難なので、基礎的な確認は行うべきだ。
[特徴と比較]
とても分かりやすい説明であり、企業価値の評価方法を経営目線でテーマとしている他の本(http://kazunotesu.jp/blog-entry-148.html?sp)よりも株式投資の知見が身につきやすいと思う。
また、同じくファンドマネージャーの作品であり比較的直近に日本で活躍する人の本http://amzn.to/2rhUrz7もおすすめで、こちらも日本市場の概略を説明し、株式投資でのポートフォリオの組み方を解説するなど内容が多岐にわたる。
この2冊では、先に投資の目的を考えるよう勧めたり、利益と株価の連動を指摘して時価総額と利益の比率をチェックするよう言ったりと重なる話が多い。どちらかでも良いと思う。

http://amzn.to/2riR9w2
未来予測の投資論

http://blog.goo.ne.jp/kazunotesu
アクセスVISION



「企業価値評価」マッキンゼー社編著
本書は企業の価値をどのように算出するべきか、そして企業はその価値を高めるために何に注力すべきか、という問いに対してのマッキンゼー社の解答だ。
財務諸表で使われる言葉を用いて説明を進めたりしているが、言葉の解説も為されているので読み手が一から理解できる構成になっている。

[見解]
企業の作り出す価値は、事業で得たキャッシュベースの利益から資本調達の費用を引いた金額である。そして企業そのものの価値は、その利益を将来にわたって考慮した金額となる。
企業は事業に投下した資産からどれだけ利益を得られるかという効率、利益額をどれだけ増やせるかという成長の両方に意識を向けて価値を高めていける。
背景となる考え方は、
・企業は稼ぎだしたキャッシュによって価値を測ることができる。財務諸表上の利益額は操作可能なため分かりにくい。
・将来のキャッシュベースの利益も割引率をかけて現在価値に直せば計算できるが、その予測はある程度可能である。
etc
[比較と特徴]
本書に出てくる財務諸表の話や「市場」は米国の内容であり(日本とアメリカは財務会計ルールが違うし、10年国債の利率も0.04%と2.3%程と違っている)、細かい部分には日本とのギャップがあるが論理は分かりやすい。
細かい財務会計のような話(キャッシュフローを計算するのにどの勘定項目をどう扱うか等)も少し出てくるが、それらは上記見解にまとめた内容の補足となるものだ。
日本で企業の価値について述べるものには株価をテーマとするファンドマネージャーの作品などがいくつか存在する。本書はそれらの理解をするののも役立つと思う。
(参考となる他の人々のサイト)
http://diamond.jp/articles/-/30025
著者の一人にダイヤモンド誌がインタビューをしている記事。本書の内容について受け答えしている。
~~~~~
http://amzn.to/2rg5UiH
事業動向の予測技術: 事業の動向をみる技術について述べている本
【ブックオフ】公式宅配買取サービス【送料・手数料無料!】

「ムーンショット」ジョン・スカリー著
本書はペプシコーラをコカ・コーラの競合までに育て上げ、ジョブズと共にアップル社で働き、そこからもベンチャー企業育成に関わってきた人の社会の見方が述べられた本だ。
シリコンバレーの人たちが述べるような起業論にとどまらず、これからの一般的な働き方、中流層と呼ばれる人々のライフスタイルの移り変わりについての洞察も加えながら、働く人はこれから何を考えるべきかを述べている。

[見解]
これからの企業経営はキャッシュフローよりも顧客満足度を重要な指標とする。顧客の意見は瞬時に共有され、企業を世界の大企業にすることもできる。
また、そのような顧客目線を取り入れた新たなビジネスが増える一方で従来の先進国中流層のような多くの所有と消費は起こらず、シェアによるライフスタイルが多数派になる。

[比較と特徴]
シリコンバレーの有名人が起業を語る本としては他に「BOLD」http://kazunotesu.jp/blog-entry-107.html?spなどがある。そちらはテクノロジーへの言及が多い。
ビジネスモデルや社会構造からこれからの社会での事業を考えるのであれば、本書の方が優れているはずだ。スティーブ・ジョブズやラリー・ペイジのエピソードも登場しており面白く読み進められるだろう。
http://www.itmedia.co.jp/news/spv/1611/25/news062.html
著者のジョン・スカリー氏についての紹介とインタビューの載っている記事があったため合わせて紹介しておく。

~~~
http://amzn.to/2pobQK1
未来予測の投資論~未来の社会を考えて経済を読みとく視点を述べた本

http://amzn.to/2pnYcqg
事業運営論~事業の形を述べ、そこに未来の変化を反映して考える視点を述べた本

http://amzn.to/2pnXJUY
1万年の未来予測~ついでに1万年後まで考えてみたくなったときに読む本




「アンネの日記」アンネ・フランク著
第二次世界対戦の最中、オランダに住んでいた中学生の女の子が書いた日記。アンネの感情の豊かさと文章に表現する才能から、世界史に残る戦争の解説本となった。
戦争がどのように日常生活を破壊するかということに加えて、人種差別などの政治的決定が日常生活に与える影響も文章の中に表れている。

[内容]
まず、本書は70年以上前ではあるが中学生の女の子の日記である。
内容は親を好きになったり嫌いになったりする葛藤であったり、クラスの皆のことであったり、将来はものを書くのが好きだから作家になりたいという話だったり、男の子を好きになったり分かりあえなさを考えたりしている話だ。
しかしそこに、「ユダヤ人だから~は禁止されてるんだ」、とか「隠れ家にいると戦闘機の音がする」などの背景が語られており、最後は突然日記が途絶える。隠れ家の摘発である。
[比較と特徴]
本書の特徴は、著者が物事をたくさん考える少女であったこと、感性の豊かさをもって現代にも伝わるような日常生活を扱っていることである。読者は時代や国に関わらず、そこに等身大の暮らしを見出だすだろう。
そこに戦争や差別の影響が入ってくることが、とても多くの読者に「戦争や差別の本当の姿」を伝える結果になっている。
比較対象として「夜と霧」、「全体主義の起源」などがあり、戦争体験や当時の政治の仕組みを解き明かしているが、今と同じような普通の暮らしを、日常生活をベースに描き出していることにより、本書は読んだあとに心のなかで圧倒的な存在感をもつ。

どこか遠くに感じやすい政治の出来事を、感情をもって考えるようになる可能性がある。戦争を考える本を挙げるように言われたら、本書は間違いなく筆頭である。
(関連する話題の記事)
https://matome.naver.jp/m/odai/2141546134079385501
Naverまとめの記事。登場人物の写真などを掲載している

http://geneve.blog.so-net.ne.jp/2010-08-22
ヨーロッパに長く住んだ方が、現代のアンネの隠れ家の様子を伝えている記事
「習近平はいったい何を考えているのか」丹羽宇一郎著
伊藤忠商事の社長、駐中国大使を歴任し、日本中国友好協会会長を務める著者が現在の中国の実態と今後の見通しについて述べた本。
特にタイトルの通り習近平国家主席に注目していて、権力基盤を強めたあと、中国をどのような姿に変えていこうとしているのかを分析している。

[見解]
中国の経済は安定的成長期に入っており、広い国土でのばらつきや年による変動はあるものの産業シフトをしつつ成長を続ける。また、共産党の独裁体制は数十年かけて民主主義的体制になる。
支える考えは、
・経済成長と生活の向上から政治参加の要求は高まる
・中国政府は教育への投資を行ってきて、留学者数も既に日本人よりアメリカの大学で多く中国国民の意識は高まっている
・中国国有企業は海外企業の買収による人材獲得を進めており、政府による合理化も敢行されている 等
[特徴と比較]
世界の主要な市場である中国を、中国に最も詳しい人が解説する本である点が重要な特徴。特に習近平は2022年まで主席でありリーダーシップを発揮している人物なので、その政策を解説していることは今後数年間の経済予測についてとても有意義であると言える。
本書は中国について詳細に述べたものであり、比較するとすれば10年以上前の大前研一氏の著書などになると思う。ただ、情報の新しさから言えば本書がおすすめである。
中国も含めた世界の未来についてで言うと、ダボス会議の予測する未来http://kazunotesu.jp/blog-entry-133.html?sp他、数々の未来予測の本がより幅広いテーマを扱っている。
(参考になる他の人々のサイト)
http://long-net.com/2926
日中通信社による丹羽宇一郎氏のインタビュー。中国でのビジネスの実態に焦点をあてている。

~~~
http://amzn.to/2qWfrfi
事業運営論 :「事業を運営するため」という観点から未来予測等の情報を整理する技術を述べた本

ビジネス英語なら GlobalEnglish 日経版


「事業動向の予測技術」カズノリ著
本書は、経営や未来予測、投資についての書物の見識を事業の運営に有用なように整理し直したものだ。
内容は、事業のよくある一般的な形を確認することから入り、予め計画しきれない事業の詳細への想像力、未来を予測して事業への影響を考える想像力についてまとめている。


本書の特徴は知識を整理する観点であり、アクセスVISIONで事業運営はどのようになされるもので、どのように事業環境から影響を受けるかを考える中で少しずつ整理されてきたものだ。
http://blog.goo.ne.jp/kazunotesu
(アクセスVISION)

従来の作品よりも情報を図表等で整理して、仕入れから製品・サービスを提供するまでの過程に未来予測や企業の価値の考え方がどう関わってくるのかに言及した。
事業の仕組みを考える方々におすすめの一冊だ。



ビジネス英語なら GlobalEnglish 日経版

「新・所得倍増論」デービッド・アトキンソン著
日本の生産性の低さをゴールドマン・サックスの元パートナーが各種統計を使いながら根拠を出して解説し、問題点の分析を行い、解決案を出している一冊。

かつてゴールドマン・サックスは日本のバブルを大蔵省より早く見抜いたというが、そのチームの主なメンバーである。また、銀行の適正な在り方を考えて公表したところ金融庁はそのように動いたと言われる。(もし本当にそうだとしたら、金融庁は・・・むしろ考えつかなかった手法を理解して政策にし成果を出した、オープンでイノベーティブな存在と言えなくもない)
本の宣伝やタイトルだけみると胡散臭そうな印象を与えるが、内容は過去の資料まで検証を行い、本格的である。

[見解]
日本の生産性は過去も今も改善の余地があり、企業経営には改善の余地がある。特に観光と輸出産業はのびしろが大きい。
この見解を支える考えは、
・日本は技術と勤勉で世界2位の経済大国になったと考える人が多いが、人口一億人を超える数少ない大国だったことが要因であり、プラザ合意などの為替変動を調整すると生産性はピーク時でも世界3位だった
・今は国民の生産性は27位であるが、研究開発の投資額が世界3位であることや高度技術者の数からは伸びる余地がある
・人口の半分のドイツに輸出総額が負けている。技術力に差がないので営業努力不足が疑われるところ、海外出国者数の極端な少なさはそれを裏付けている
・京都は民間開発の結果ほとんど普通の街並みであり、観光業をのばす意識は西欧に比して低い。観光資源がありながら観光業のGDP比率は他国よりだいぶ低い

なお、本書では具体的な数値の入った統計を、著者が国際機関のデータを加工して作成して掲示している。また、大企業や中小企業の問題、バブル当時のヒアリングのエピソードなども少し出てくる。
[比較と特徴]
主張は観光と輸出、というトピックを強化している他、主に民間企業の生産性に改善余地があるというものであり冨山和彦氏や竹中平蔵氏の考えに近いと思われる。
ただ、それより強烈なことに上場企業に対してもさらなる投資・生産性向上を求めるべく政府が年金基金を通して主張したらどうかと提案しているというのは特徴的である。
アメリカ企業と比べて株価の伸びが弱いのだという。
日本経済を述べた本としては、他に大前研一氏の作品http://kazunotesu.jp/blog-entry-125.html?spに消費者サイドからの解決案があり、他の視点も得たいときにおすすめである。

デービッド・アトキンソン氏を紹介するページとしてはハーバービジネスのインタビュー記事https://hbol.jp/122527?display=bも詳しい。

http://blog.goo.ne.jp/kazunotesu
アクセスVISION :様々な事業について分析しているサイト
http://amzn.to/2pW7HvU
未来予測の投資論 :未来予測の技術について述べている本
東京で働く!仕事と住まい同時提供TokyoDive


「ワークシフト」リンダ・グラットン著
働くというテーマから、2025年を目安として未来予測の叙述を行い、読み手にキャリアの考え方の見直しをせまる一冊。著者はイギリスの経営論学者で、テクノロジーの進展による仕事内容の変化など、将来の仕事について語られる論点を本書も多く扱っている。

[見解]
インターネットに50億人がつながる世界では、ネットワークを活かして作業する個人事業者の出現が予測される。彼らは小型の起業をしていたり、同業者コミュニティをプラットフォームとして仕事案件をとっていたりする。
このような社会では働き方が多様であり、自身の能力を相手に伝える意識や、専門性強化・他の専門家とのネットワーク構築が課題となる。

この見解を支える考えは、
・クラウドが至るところで利用可能となり、作業をする場所はあまり問われなくなる
・専門性をもたない仕事についての代替はネットワークの強化で簡易になっており、価値は下がる可能性もある

[比較と特徴]
イギリスで評価されている考え方らしく、僕は未来予測の本として参考とすべく読んだ。社会に起きている変化の見方としては、冨山和彦氏の著作の方が統計データもふんだんに用いて事実を分析しており、参考になると思う。

同じ先進国なので似たような分析をしたら似たような結果が出るのではないかと感じるし、このような分析があったら未来の働き方の中に地域の対面型サービス業へのとらえ方は変わるだろう。
どうして冨山氏の著作の方が同じくらい話題にならないのか考えるに、おそらく英語版を出さなければ世界で部数を増やせないし話題を取りづらいのだろう。また、「未来のキャリアを共に考えよう」というテーマ設定の上手さもあると思う。

本書の話に戻ると、ネットワークを活かした小型の事業者という考え方は他の未来予測の本にも登場する。(例えばケビン・ケリーの作品中の集産主義などhttp://amzn.to/2qu205X
本書の特徴は、未来の社会の在り方について働く者の視点を問いかけたことであり、著者自身も他に補うべき内容は各自調べて補うように呼びかけている。事実を知る参考というより、視点だけで身につけて、あとは本当かどうかも含めて自分で調べようという方にとって有用な本だと思う。




「最後の資本主義」ロバート・B・ライシュ著
アメリカの公共政策学者による、資本主義の停滞について問題の本質と解決策を述べた一冊。
2016年の12月に日本で発売されている通り、大統領選におけるトランプ氏の人気から資本主義の停滞を本格的に読み取り、作成されたものだと思われる。
アメリカ社会の不健全な二極化の様子をいくつかの事実を挙げながらレポートし、資本主義と民主主義がうまく機能していない現実と、変革するために国民の知るべき事柄を述べている。
著者自身、ビル・クリントン政権で閣僚だったためか、全体的に熱気を感じる著作である。そして内容も簡潔でわかりやすく、分量の割に読みやすい。

[見解]
自由市場というものは社会の介入無しには成り立たないもので、その介入方法は各種の法令で構成される。現在それはロビー活動で不健全に歪曲され、消費者がツケを払わされている。
能力主義も現在は成り立っていない。社会に富をもたらす能力に応じて給与を決定しているという仕組みはなく、労働組合の衰退と共に社会の中間層は交渉力を持たなくなり給与を減らしてきている。
これらの結果、資本主義経済の先行きへの不安で「消費から貯蓄へ」と守りの動きが出ているし、海外との貿易拡大についても不平等の拡大への警戒から反発する動きが出ている。富裕層への反発も高まってきている。

[比較と特徴]
シンプルに資本主義と民主主義の停滞を述べており、しかも現実の大企業の名前を堂々と出しての不健全な現状指摘も行っており、とても分かりやすい本。
数式などは登場せず、ルールの不正な部分を明るみに出すことで経済の歪みを説明している。
アメリカ社会の弱みをここまで述べている本は他にない。あえて言えば最近のコトラーの作品に学費やCEO報酬の問題が出ていた(http://kazunotesu.jp/blog-entry-123.html?sp)くらいである。
資本主義と民主主義を採用する社会にいる者としては読む価値が大いにある一冊だと思う。
なお、Diamond Onlineにインタビュー記事が掲載されていたので合わせて紹介しておく。http://diamond.jp/articles/-/4136?display=b
~~~~~
http://blog.goo.ne.jp/kazunotesu
アクセスVISION :事業や業界の動向について、僕の見解を述べているサイト




「挫折力」冨山和彦 著
挫折を乗り越えてこそ豊かな人生を送れる、と考えて挫折の意義と挫折に打ち克つ方法を述べた作品。
冨山和彦氏と言えば「具体的な経営戦略・ローカルとグローバル・多様な働き方の企業組織」というイメージだが、本書はその根底にある人の生き方について述べている。

[見解]
間違いを恐れたり、空虚なエリート意識をもったりという弱さは挑戦し挫折する中で克服できる。能力以上のことに挑戦して挫折することこそが人を成長させ、人生を豊かにする。
この見解を支える考えは、著者の経験でありそれらは具体的事例として説明される。この中には、著者の挫折経験や企業再生での人間ドラマが登場する。
[比較と特徴]
本書は著者の他の作品と比べると内容が人間観、人生観によっており自己啓発本として読めるものとなっている。
そのなかで、組織を改革するときの人間ドラマには「人はなぜ裏切るか」など複数のテーマにわたり説明しており、そこで挫折から得た善悪のとらえ方なども説明している。組織改革の参考にもなるような読み物でもある。

読んでいると前向きな気持ちになるような本だ。
また、冨山氏のインタビュー記事は数多いが、ここではビジネスで苦労しながら学び、進んでいくことを語る記事(日本人材ニュースhttps://www.google.co.jp/amp/jinzainews.net/articles/N51e4.amp)を共有しておく。
~~~~~



http://blog.goo.ne.jp/kazunotesu
アクセスVISION: 業界や事業の動向について考えたことのまとめサイト



カテゴリ

プロフィール

kazunori

Author:kazunori
こんにちは。読書アクセスを運営しておりますカズノリといいます。
趣味は読書とラジオを聴くことです。
本屋をぶらつくのが好きで、仕事帰りや休日に歩き回っています。ネットで色々なサイトも見ながら本の情報を仕入れては、家やカフェ、通勤途中で、読書をして考えごとを巡らせています。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる