読書アクセス
「充実した読書につなげられるような案内作り」をテーマとして、多読のビジネスマンが本の紹介や比較をしているWebサイト
03 | 2018/04 | 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

「人を動かす」D.カーネギー著
もはや日本で500万部売れているということから今さら取りあげるまでもない本書だが、ここでも改めて紹介したい。



まずこの本は、人の行動に強く制限をかけている基本的性質について述べる。それは以下の二点である。
・基本的に、自らを悪いと思っていない。
・重要人物であろうという欲求をもつ。

そこから人を動かす3原則を引き出している。
・間違っていると非難して動かそうとしても、相手がそれを受け入れる心境になる特別なことが無ければ全く意味がない。責めないこと。
・人はほめたり励ますことで積極的に動く。賛成できることがあるときは、何も言わずにおくのでなく心からの賛辞をおくる。
・ほめたり励まして動く相手でなければ、何を望むのか考えてそれを提示し向かわせること。論破したりしつけようとするのは効果をもたない。

この本には他に好かれる方法、説得する方法、人を変える方法と述べている。しかし上記の法則から単純に導かれないのは二点のみだ。
一つは好かれる方法のうち「笑顔を忘れない」。ここには笑顔が、「あなたが好きだ。一緒にいて楽しくて、会えてて嬉しい」というメッセージをもつものだという了解があり、法則につながっていく。
もう一つは人を変える方法のうち「自らの誤りを話す」。これはその行動が相対的に相手を否定しないことにより間接的に重要性を示唆する、誇りを傷つけないことから法則につながっていく。
つまりこの追加的理解を含めると、すべての論理構成が冒頭の二つの基本的性質から導かれているのである。
このシンプルさは、読者の行動に影響を与え、本の評判をあげるうえで大きな効力をもったことだろう。この本は自己啓発三大名著の1つであり、その中での比較もこのサイトで行っている。
http://kazunotesu.jp/blog-entry-50.html?sp
人を動かすことを述べた最近の作品には瀧本哲史氏の交渉論がある。


この本で他の本になく特別優れているのは交渉の重要性を述べた前半である。特にベンチャー企業はじめ革新的行動をする者がロマンとソロバンを考えて事業をなしとげるときいかに交渉が必要になるか、交渉の存在について述べていることは交渉をしようと考えるべき場面について、新たな視点をもたらすだろう。

ただし交渉論自体となると
「相手の立場にそった提案」
「複数の選択肢をもつ者の優位」
「自らを自身の代理人と思って割りきって交渉に臨むと動きやすい」
などの表層的な技術論になるので、メモをしたらあとは実践するほかない。純粋に交渉というものを深く考え、人間関係について自らのなかに強固な現実認識を築きたい、というのであればカーネギーの著作が優れているだろう。
人間関係に悩むようなとき、新書の技術をしっかり自らに取り込むうえでも一度読むことがおすすめだ。

初心者でも安心のサポート!アフィリエイトを始めるならA8.net


日常の意思決定を考える本
日常の細かな意思決定(例えば飲み会に参加するかどうか、どこに寄り道するかなど、どうでもいいこと)で、迷うようなことはないだろうか。
または、自らよりも迷う誰かをみて、不思議に思ったりすることはないだろうか。
これらはその場の話にとどまらず、その後のリーダーシップの形成やいじめの原因、得られるチャンスに関わるものだ。日常の些末な出来事の積み重ねは、人生に影響力がある。
このような日常の意思決定を予め整理しておけるような本を悩みの種類で二つに分けて考えると、以下のようになる。

・個人的な選択肢で迷う
ここでは個人的な人生のゴールと目の前の選択肢の意味合いを話し手がどれだけ具体的、正確に把握できているかが決定的なポイントだ。
個人的な判断として事柄の緊急性と重要性をすぐに整理することを主張するのは次の本だ。

七つの習慣のうち第三の習慣は「重要事項を優先する」というもの。ここでは具体的な例を挙げながら重要性、緊急性に基づく事柄の分類をしていて、そのうち重要だが緊急でないものを週間スケジュールに予め記入することなどが述べられる。

週間スケジュールなのは、人間関係などは細かくスケジュールを設定しても一人の都合で進まないものだからだ。
人生で何をしたいのかはある程度決まっていることが前提だ。本書では第二の習慣の解説の中で、人間関係や事業など複数の観点から人生の目標を考える構成になっている。

・組織の1人としての選択肢に迷う
何かを話し合うときやチームで行動するとき、誰もが無意識にゴールと手法を思い描いて行動している。具体的には、
「この行動は~のためにやってる」
「~の根拠から、手法は~にしている」
「~という手法によれば、スケジュールと役割分担は~のようになるのが最適だ」
というセットだ。今何をしているのか、これから何をするべきなのかの羅針盤である。
組織としての羅針盤を外した発言や行動をするとき、相手によっては罵声が浴びせられる。その積み重ねはキャラクターとなり、世俗的に言えばバカにされるのかどうかという判断基準になる。

この羅針盤をとらえて協調性のあるチームワークを作り出す方法を考える場合、七つの習慣には「人間関係の六つのパラダイム」として関係性をwin-winその他六つのパターンに分類して理解する記述がある。
ここでは自らの成功、相手の成功をいかにして調整するべきか、アドバイスがされている。
よりテクニカルにチームワークを考えるときは、メッセージのやり取りのポイントを押さえる次の本が効果的だ。

これはチームで何かをする際、連絡や理解をスムーズにしてくれる整理方法だ。
日常の全て(カラオケや飲み会に出席するかどうか考えるところから)、その場の空気でなく意味合いを考えて選択できるようになる、実践方法も述べられている。

目に見えている羅針盤を超えた「組織の本当にあるべき姿」をとらえて発言や行動をするのは優れたリーダーシップであるが、これについては改革を成し遂げたような人物の回顧録http://kazunotesu.jp/blog-category-13.htmlを読むことが近道と思う。
よくある王道としては、視野を広げて将来を見通す洞察力を持つ・メッセージをしっかりと伝える・組織の人の想いを捉えることなどが言われている。(例えば、竹中平蔵氏のインタビューhttp://toyokeizai.net/articles/-/11917
英語を学び世界を知ることが強調されているが、英語教育は多様な業者の参加でサービスも色々あるようだ。
日本経済新聞社とピアソン社が共同開発! GlobalEnglish 日経版

【無料カウンセリング】ライザップがTOEICにコミット!




「14才からの社会学」宮台真司著
今日の紹介は、社会の宗教問題や青少年問題についての有識者としても知られる社会学者・宮台真司氏による社会案内のような著作である。対象は14才からとあるが、大人がさらっと読んでも例えば人が本当に学ぶのは影響されるとき、など教育目線で役に立つことも解説しており、楽しい著作だと思う。



中学生など、およそ学生の時期にもつ人生への疑問に答えたり、社会に対しての疑問にざっくりと答えるような作品は他に有名な作品もある。


10才くらいの頃にはほとんど違いなどないのに、20才にもなると、人は人生の満足度や行動力の面でとても大きな差がでる。話していても、悔しくなるようなことも出てくる。
また、そうなるのではないかという不安が学生時代にはいつも心のどこかにある。

なので、具体的にそれらを示してくれる著作にはニーズがあるのだ。宮台氏の著作は特に、哲学など抽象的なことにとどまらず、働く大人たちの現実や人生のなかでの恋愛との向き合い方にいたるまで具体的に問題提起されている本だ。
この社会学者は20世紀終盤~活躍している人であり、フィールドワークから出てくる作品が多い。政治理論の学術論文のような著作があるかと思えば不純交際を克明に調査している著作まであって実像がつかみにくいが、大まかに言って社会の実態を詳しく知りたい、伝えたい人なのだ。

この著作は実社会の状況と社会学を一般的な目線で述べた普通の良書だと思う。
後者は、登場人物のコペル君の年齢設定もあり、学校のクラスのなかでのふるまいなど本当にその場にいて話しているかのようなものだがその後の社会についての記述は限られている。学校の人間関係に特に悩んでいるというときに、処方箋になるような本だと思う。
人間関係についての本
人間関係についての本というタイトルだが、その時々で問題は様々だと思う。そのなかで、特に悩む場面をイメージして、次の通りまとめたい。

・仲が良くない
誰かを嫌いになったり、誰かに嫌われてその気持ちが分からずに困るようなことはないだろうか。あるいは嫌われてムカつくから嫌いになるというのはどうだろう?

ここで、嫌うというのは攻撃的な感情を意味するものとする。
主体的に生きるという場合、嫌うのは自分のゴールを邪魔されるとき以外は起こらない。それ以外はムカつくとしても、最低限の行動力で関わりを解除することに意識を向けて、余った力はゴールに向かう行動に配分するからだ。邪魔されるときはケンカして叩き出さないとダメだ。

邪魔するパターンには、ゴールとなる理想を実現する道に立ちふさがっていて意図的に邪魔だという他、相手が特段主体的なわけではなく、無意識的だったりノリで動いて結果的に邪魔だったりすることもある。
後者を嫌いと思うか仕方ないと考えているかは個人差がある。叩き出す際の労力が、「ちょっとごめん」と言ってどかす程度で済むことも多いからだ。自分のブランドを傷つけるような勘違い発言やダサさを嫌うというような場合は、「ああいうのは嫌いだ」と表明するだけにとどまるケースも見られる。

誰かを嫌うとか、誰かに嫌われるのが明確な感情である場合、どのように邪魔しているのか考えて解決するのが効果的だ。
よく分からないまま悩みで時間を費やしてはいけない。ムカつきあっても仕方ない。

どうしても特段邪魔になっていないけど嫌ってしまうという場合、人生脚本に起因する可能性がある。つまり子ども時代に聞いた話、受けた行動によって無意識のレベルでストーリー形成されており、特定の基準にあてはまる存在をみるとそれだけで「嫌う」という行動をとっているのだ。

そのような場合は自らの現実認識を深くみつめ、ストーリーの書き換えを行う他ない。


(楽天)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

完訳7つの習慣 [ スティーヴン・R.コヴィー ]
価格:2376円(税込、送料無料) (2016/10/14時点)




・仲良くなってくれない
どうすれば好かれるのか、もちろん本当に解決しようと思えば具体的に相手がどんな人生を送りたいか、人に望むものは何かなど好みを聞かなければならないし、仲良くなるというのがどういうことなのかも具体的に考えなければ動きようもないだろう。

ただし、一般的な話をするなら人は自らを重要人物と思いたがるものだ、ほめろと述べたものが次の本だ。

(楽天)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人を動かす文庫版 [ デール・カーネギー ]
価格:702円(税込、送料無料) (2016/10/14時点)




この本は、七つの習慣と同じく古典として扱われることもあるが、その内容はこの通りとても世俗的なものだ。リンカーン大統領を研究していた学者が人の基本的な心理とその上手な向き合い方について記したものであり、読んでいて面白いものだ。

「期待」を考える本
日常でも、期待するから人に怒り、口を出し、がっかりするということがある。逆に、期待されるからがんばれるという場合もある。期待を適正に調整することは人間関係で重要だ。

期待は信頼と近いが区別が必要だ。
期待のような「出来る可能性がある」ではなく、「当然出来る」と思っているのであれば信頼であり、それは人間関係の土台である。
共通することは、成果を出さなければ、或いは思う通りの行動に出なければ失われダメージを与えるということだ。

現段階で、人生のゴールのなかに「この人(達)に少しでも早く、もっと好かれたい」というものがあるだろうか。
・ある場合、その人々の期待を大きく受けて応えようと努力することは挑戦への行動力を高める。
典型的な関係と概要は以下の通り。
幼い子どもと親:子どもは親に好かれたくて努力し、親は未知の才能を夢見て期待する。
企業と投資家:今後の事業に期待するから投資があり、期待させるから事業が出来る。
気を引きたい人:まずは相手に自らの実力を超えてもPRし、得られた期待に応えて好意に変える。

・ない場合、期待は一般に邪魔である。
失敗した場合、自分がとる行動に対して関係のないところで期待している人の感情をそこない、その後の行動にダメージとなる可能性がある。
関係の有無は行動の目的をその人と正確に共有するかどうかで判断されるだろう。関係なければ、予め期待を解除するべきだ。




【無料カウンセリング】2ヵ月でTOEICスコアを劇的に変える!ライザップイングリッシュ



カテゴリ

プロフィール

kazunori

Author:kazunori
こんにちは。読書アクセスを運営しておりますカズノリといいます。
趣味は読書とラジオを聴くことです。
本屋をぶらつくのが好きで、仕事帰りや休日に歩き回っています。ネットで色々なサイトも見ながら本の情報を仕入れては、家やカフェ、通勤途中で、読書をして考えごとを巡らせています。

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる