読書アクセス
「充実した読書につなげられるような案内作り」をテーマとして、多読のビジネスマンが本の紹介や比較をしているWebサイト
11 | 2017/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

「最後の資本主義」ロバート・B・ライシュ著


アメリカの公共政策学者による、資本主義の停滞について問題の本質と解決策を述べた一冊。
2016年の12月に日本で発売されている通り、大統領選におけるトランプ氏の人気から資本主義の停滞を本格的に読み取り、作成されたものだと思われる。
アメリカ社会の不健全な二極化の様子をいくつかの事実を挙げながらレポートし、資本主義と民主主義がうまく機能していない現実と、変革するために国民の知るべき事柄を述べている。
著者自身、ビル・クリントン政権で閣僚だったためか、全体的に熱気を感じる著作である。そして内容も簡潔でわかりやすく、分量の割に読みやすい。

[見解]
自由市場というものは社会の介入無しには成り立たないもので、その介入方法は各種の法令で構成される。現在それはロビー活動で不健全に歪曲され、消費者がツケを払わされている。
能力主義も現在は成り立っていない。社会に富をもたらす能力に応じて給与を決定しているという仕組みはなく、労働組合の衰退と共に社会の中間層は交渉力を持たなくなり給与を減らしてきている。
これらの結果、資本主義経済の先行きへの不安で「消費から貯蓄へ」と守りの動きが出ているし、海外との貿易拡大についても不平等の拡大への警戒から反発する動きが出ている。富裕層への反発も高まってきている。

[比較と特徴]
シンプルに資本主義と民主主義の停滞を述べており、しかも現実の大企業の名前を堂々と出しての不健全な現状指摘も行っており、とても分かりやすい本。
数式などは登場せず、ルールの不正な部分を明るみに出すことで経済の歪みを説明している。
アメリカ社会の弱みをここまで述べている本は他にない。あえて言えば最近のコトラーの作品に学費やCEO報酬の問題が出ていた(http://kazunotesu.jp/blog-entry-123.html?sp)くらいである。
資本主義と民主主義を採用する社会にいる者としては読む価値が大いにある一冊だと思う。
なお、Diamond Onlineにインタビュー記事が掲載されていたので合わせて紹介しておく。http://diamond.jp/articles/-/4136?display=b
~~~~~
http://blog.goo.ne.jp/kazunotesu
アクセスVISION :事業や業界の動向について、僕の見解を述べているサイト

「やりたいことは全部やれ!」大前研一 著


経営コンサルタント、大学の運営、企業経営など広く活躍してきた著者が、旅行や音楽に対しても情熱をもち楽しく生きている人生を述べてすすめる本。
最近話題となっている「老後不安不況を吹き飛ばせhttp://kazunotesu.jp/blog-entry-125.html?sp」でも言及されている老後まで楽しく過ごしている一例であり、実際読んでいると楽しそうなトピックがいくつか出てくる。

[見解]
やりたいことを老後にとっておいて我慢しながら働くのではなく、遊びながら、いつも自分の人生を生きるのが良い。
これを支える根拠は、
・経営者を多く見てきて「老後の楽しみ」と言っていたのを実現できている例がない
・人生は回り道をしても成功できる。著者自身学者をあきらめ、都知事をあきらめ、それでも楽しく全力で取り組んでいたら楽しい人生を歩めた
・自分が本当にやりたいことを選んで取り組めば失敗してやり直すときも全力で取り組める心境でいられる

本書はこの主張に続き、旅行や子育て、使っている道具や食事など人生を楽しむためにどう考えたら良いか著者自身について述べている。
旅行については、著者が世界中を講演で回るような人物であり、高級観光ガイドとしても面白い。
[特徴と比較]
本書は楽しく自分自身の人生を生きるということがテーマであり、経済効果についてはほんの少し言及されるのみである。
従って、高齢者のお金の使い方を統計から分析して積極的な消費を考えている「老後不安不況~」と比較すると、より人生観を述べる内容になっている。
自分の人生を生きる、というテーマの本では、手帳に列挙して追求することを実業家が述べた「一冊の手帳で夢は必ずかなう」が近く、楽しく過ごす具体例は本書に比べて少ないとしても楽しく過ごすためにしてきた工夫を具体的に述べているため良い本である。

また、語り口調を変えて同じテーマを述べる本では堀江貴文氏の著書http://amzn.to/2oASEmMがある。
楽しく過ごしている具体例の豊富さでは大前研一氏の本書は断トツであり、将来実現したいものをいくつか見つけてみるのも楽しいと思う。
(個人的には、ロサンゼルスの南に少し行った所にあるレストラン「キャプテン・ジャックス」でステーキとカニを食べるのが夢の一つになった)


『ブックカフェ~東京メトロ沿線』


快適な読書体験には、その時々の興味関心に向き合ってくれる本を選ぶこと、理解を自分なりに整理しながら読むということに加えて、快適な読書空間が必要だ。

候補としては海辺、静かな公園、カフェ、家のリビング、ファミレス、書斎等があるだろう。この中で、カフェは多くの人にとって有力候補だと思う。

それも、読みたい本に加えて普段あまり目にしないような気になる本・雑誌を揃え、それらを購入しなくともコーヒー片手に座って読めるというブックカフェは、最高の空間の1つと思う。

そういうわけで、ここではブックカフェを、それも多くの店がある東京メトロ沿線でのブックカフェをいくつか紹介したい。

1.『TSUTAYA×スタバ』神谷町店
神谷町駅徒歩1分
◎空いている。休日も座れる
◎電源ある
◎スタバなので、Wi-Fi完備(無料登録必要)
○本は一般的な啓文堂など、駅前の中型本屋程度に加え、2階にブックオフ位の中古本コーナー

ここは一押しだ。神谷町駅があまり大きな駅でないため、平日も休日も一定の混み具合で、一人で寄る分には座れる。
店はあまり広くなく一般的な品ぞろえだが、流行をカバーしており、ビジネスマン向けを意識しているのかビジネス本は特に多め。

2.『TSUTAYA×スタバ』roppongi店
麻布十番駅徒歩3分
○雰囲気が良い
△とても混む。平日であれば二時間程
○洋書と雑誌がとても多い
○本は一般的な中型本屋よりは多い

とてもオシャレな外観と、洋書と雑誌をもつ独特の品揃え。広い空間で、読書の合間に雑誌で色々なジャンルに触れてみたいというときに使えそうだ。

3.『ブルックリンカフェ』マルイアネックス店
新宿三丁目駅徒歩2分くらい、新宿駅徒歩7分くらい。
○雰囲気が良い
○広々とした空間。
△コーヒー600円~
△食事客メイン。もはやブックカフェか怪しい
△芸術の本ばかり。

一人~少人数でコーヒー片手に読書する人たちの空間としてブックカフェをイメージしていると呆気にとられる。おそらく女子会をしているテーブルが最も多い。

4.STORY STORY 新宿小田急百貨店内
○本の品揃えは中型書店レベル
○コーヒーは500円程
○新宿駅直結

駅直結なので雨の日にも良い。流行りの新刊を扱うのみならず少し前の有名なビジネス名著が多い他、おしゃれな雑貨も置いてある。


就職・転職活動について考える本


動き始めても、内定をとるまでも、とれ始めた後も迷いは続く。そんな就職活動に1つのヒントを与えてくれる一冊。
応募する企業数や内定・内々定への対応、面接準備など多種多様ある考えるべき事のなかで、「自らの人生で成し遂げたいことを考えるように」すすめてくる本である。


この本の著者は、それを考えることから事業を展開し大企業に育て上げた実業家だ。
就職活動のゴールは、働き方のゴールに関わる。つまり「今の」自らにとって、働くという事はどんなことなのかを明確に認識することだ。ここで「今の」とつけたのは、本気で考えられることは今のことだけだからだ。

社会で成し遂げると決めてること(ライフワーク)があって、そのために働くのか。
お金を稼いで良い家に住み美味しいものを食べてたいから、働くのか。
モテるようになって良い異性と交遊したり家庭を築きたいから、働くのか。
まずは一族生きのびるべく、働くのか。
…等々

これらは併存していたり、人生の時期によってそのバランスも変わる。けれど、「今のゴールはこれだ」と明確に感じるものはあるはずだ。
それをゴールとして、行動する。

本屋にいけばいつでも就職活動のための自己分析の書物がたくさんあるだろう。これらの本はどんなことをしてきたか、どんなことに幸せや達成感を感じるか、学んできたことは何か、などを思い起こすと最適な道がみつかる、という。

しかしこれはゴールを定めてからそこに向かう戦略として、加わりたいと決めた相手(企業)に合うように過去までさかのぼり自らの特徴をまとめる作業にすぎない。ゴールをもたずに自己分析しても、様々な特徴を持ったよくわからない自画像に向き合うだけになる。

いったい今、人生のなかで何をしたいのか。

ゴールを明確にしなければならない。企業の情報を知っても、それをどう判断するのか。ライバルがいるとして、何がどう競合するのか。過去の自らの行動をふりかえったとして、何をどう伝えるのか。
就職活動のような、これほど多用なゴールが想定される場面において、分析は大方ゴールの見極めである。

ゴールを決めたら、それを満たせる企業たちが分かってくる。そこから
「そうした企業はどんなことを事業にしていて、どんな人にきてほしいだろうか」
と動態分析を進められる。
「そこにいる人々や入社を目指す人々の特徴がどれだけその動態分析からくる志向にあうか」
と競合を分析できる。
「自らの内にはその志向にあう特徴がどれだけあって、周りの人々に勝つにはどのような行動を就職活動で取るべきだろうか」
と自らを分析して最適な行動を導きだせる。

ゴールである「自分にとっての働くということ」のバランスが更新されたらどうするか。
新しく分析を行い、最良の行動をとるしかない。もっといい人生へ、人は想いながら進んでいくものだ。
職場や肩書きはそうした行動についてくるものなのだと見極め、主体的なわくわくする人生を進めたら良いと思う。




カテゴリ

プロフィール

kazunori

Author:kazunori
こんにちは。読書アクセスを運営しておりますカズノリといいます。
趣味は読書とラジオを聴くことです。
本屋をぶらつくのが好きで、仕事帰りや休日に歩き回っています。ネットで色々なサイトも見ながら本の情報を仕入れては、家やカフェ、通勤途中で、読書をして考えごとを巡らせています。

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる