読書アクセス
「充実した読書につなげられるような案内作り」をテーマとして、多読のビジネスマンが本の紹介や比較をしているWebサイト
11 | 2017/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

「使う力」御立尚資 著


ボストンコンサルティンググループの元日本トップが書いたビジネススキルの本。
使う力といっても、部下などを使う力ではなく自らの知識をしっかりと日々活用する力である。これを御立氏は、成し遂げる熱意・業界や社内の知識・経営学などの知識と並ぶポイントととらえている。
[読者イメージ]
主に扱われる場面が会議の運営や調査・報告業務の遂行だ。段取りまで作ったのに意見の乱立で会議がまとまらない、業務の終わりをうまくしきれない..ということで悩むとき、解決策を授けてくれる一冊である。


[視点]
先に答えてしまうと、授けてもらえる力は自らの役割のフィールドやレベルを掴み、応えていく能力か何事も定量的に考えていけるものの見方ではないかと思う。
もちろんビジネス本を進んで読む人は上のフィールドでの活躍を目指す人だと思うが、そのような場合でも「任されていることとは少しずれますけれど」「この前提だとこういうことも考えられます」といった枕詞をつけて、適当な人に働きかけるのが良いという。

[比較と特徴]
読み始めると使う力の特定に最初かなりの時間をかけることになるが、これはビジネスする力をどのようにとらえるかという全体像、ものの見方を学ぶことになる。
これは1つの能力にフォーカスする多くの本より本書がバランスよく知識を得られるポイントになると思う。このような本を一冊読むと、それまでの知識も活用することになるのではないか。
一人の有力なビジネスマンにより能力の全体像を示されていることが特徴だと言えるだろう。

インタビュー記事
本書の内容と関係ない観光立国事業についての著者のインタビュー記事。普段どのような仕事をしている人物なのか知る一端になると思う。
関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



カテゴリ

プロフィール

kazunori

Author:kazunori
こんにちは。読書アクセスを運営しておりますカズノリといいます。
趣味は読書とラジオを聴くことです。
本屋をぶらつくのが好きで、仕事帰りや休日に歩き回っています。ネットで色々なサイトも見ながら本の情報を仕入れては、家やカフェ、通勤途中で、読書をして考えごとを巡らせています。

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる