読書アクセス
「充実した読書につなげられるような案内作り」をテーマとして、多読のビジネスマンが本の紹介や比較をしているWebサイト
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

「ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学」入山章栄 著
2016年のハーバード・ビジネス・レビュー(日本版)おすすめ図書一位をとり、話題となった本。
大学院の教科書のような経営理論を学んでも実務にどう使うのかよく分からないという疑問や、適用したはずが効果が出ないという疑問に応えることからスタートしている。
[読者イメージ]
経営学が何なのか知りたい、使い方を知りたい、あるいは最近の話題になっているテーマを知りたいという読者に応えるような内容だ。
経営学と経営ツールは違うという見方や、イノベーションの理論のさわり、組織の記憶力についての理論など流行りのテーマを広く簡潔に網羅している。


[比較と特徴]
この本の最大の特徴は扱うテーマの広さである。
先にあげた2つの他、グローバリズム、リーダーシップなど本屋の経営書コーナーにある主なカテゴリーを全て扱う。

一つ一つのテーマに関して言えば、例えばイノベーションならクリステンセン教授によるイノベーション三部作は本屋に置いてあるし、経営理論の適用についても本書よりページ数を割いて解説している。
ビジネススクールでは学べないかもしれないが本屋で探し回れば学べるのが実態だ。

ただし、全てのテーマで何百ページもあるそのような書籍を読むのかと考えたとき、経営学者が注目されているテーマを扱うこの本を読むことは基礎を固めることにもなり、今後興味をもって読書を進める端緒にもなりうるのだ。

日本社会への示唆を与えていることも特徴だ。
不確実な市場の時代には、視野を広げてチャレンジを幅広く行うこと(リアルオプション戦略)が望まれるものの、中小企業の倒産のハードルが高かったりキャリアに流動性のない日本は「さっさとやめて次に移る」ことが出来づらい、
という指摘である。

多くの注目をあびたこの本がこの主張をしていることは、働き方への見方に多大な影響を与えたのではないかと思う。





関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



カテゴリ

プロフィール

kazunori

Author:kazunori
こんにちは。読書アクセスを運営しておりますカズノリといいます。
趣味は読書とラジオを聴くことです。
本屋をぶらつくのが好きで、仕事帰りや休日に歩き回っています。ネットで色々なサイトも見ながら本の情報を仕入れては、家やカフェ、通勤途中で、読書をして考えごとを巡らせています。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる