読書アクセス
「充実した読書につなげられるような案内作り」をテーマとして、多読のビジネスマンが本の紹介や比較をしているWebサイト
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

「企画脳」秋元康 著
芸能界の巨人による、異色のビジネス書。戦略や経営理論といった言葉は使われず、ひたすら「良い企画を形にして通し、ヒットさせる」ことを追究していく作品である。

もしも「提案がありきたりでつまらないと言われた」、「面白いと思ったのに記憶にも残らない…」という苦しい思いをしているのであれば、この本は気持ちを整理して次へ進むのに力になってくれるだろう。
芸能界で存在したプレゼン(企画が紙一枚)や考えるときの意識の巡らせ方を教えてくれていて、読んでいて面白い本でもある。



この本を読むのに効果的な視点は、仕事のどの部分について述べているのか意識することだ。
ホワイトカラーでも、input~加工~output という一連のプロセスを考えることが出来る。そしてこの本の概略は、
日々の記憶の工夫をinputのポイント、
差別化の工夫を加工のポイント、
プレゼンの意識の置き方をoutputのポイント、
としてそれぞれ深堀して説明しているというものだ。

得られるものは人それぞれと思うので、一つの参考としつつ気楽に読んでもらいたい一冊。





関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



カテゴリ

プロフィール

kazunori

Author:kazunori
こんにちは。読書アクセスを運営しておりますカズノリといいます。
趣味は読書とラジオを聴くことです。
本屋をぶらつくのが好きで、仕事帰りや休日に歩き回っています。ネットで色々なサイトも見ながら本の情報を仕入れては、家やカフェ、通勤途中で、読書をして考えごとを巡らせています。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる