読書アクセス
「充実した読書につなげられるような案内作り」をテーマとして、多読のビジネスマンが本の紹介や比較をしているWebサイト
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

「ビジネスモデルの教科書」大前研一 著
コンサルティング界の大御所による、授業のような一冊。一つのテーマにつきだいたい20ページずつ割いて、経営の理論的に望ましい方針について過程を含めて述べている。

扱うテーマはコカコーラ社の製品戦略、キャノンの事業再構築など様々で、それぞれ統計の図表を用いたり数値を具体的に挙げて解説している。
[読者イメージ]
共に考えながら方法論を身につけていく読み手を想定した本であり、考える方法論を身につけようという意識のある人にとって、役立つ本となるだろう。
大前研一氏自身も他の著作の記述によれば、コンサルティング会社に入ってしばらくは先輩の事例を学んで方法論を身につけたという過去を経て技術を高めてきたという。



余談だがリンク先のKindle版がお買い得の価格設定になっている。(紙の本の半額)
これも戦略なのだろうか…
[視点]
内容をより整理して理解するのには、大前研一氏自身のかつて提唱した3C分析(顧客、競合、自社に注目して思考を進める)が適切だ。
顧客を地域で分けたり売れ筋品目で探ったり、競合との差異を決算や店舗数から探ったり、どれかがスタートになっている。
[比較と特徴]
一日一テーマなど決めて読むのに良い、手軽な頭の体操本だと思う。
企業の業務プロセスを読みとき、勝負すべきポイントを見極めて競争戦略を考えるなど、やや抽象的にはなるがひたすら考え方を述べる入門書なども同じ著者の作品にあるので、好みに合わせて選べる。

(紙で読みたい人に。中古にすると価格も安い)




【30日間全額返金】ライザップイングリッシュ
関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



カテゴリ

プロフィール

kazunori

Author:kazunori
こんにちは。読書アクセスを運営しておりますカズノリといいます。
趣味は読書とラジオを聴くことです。
本屋をぶらつくのが好きで、仕事帰りや休日に歩き回っています。ネットで色々なサイトも見ながら本の情報を仕入れては、家やカフェ、通勤途中で、読書をして考えごとを巡らせています。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる