読書アクセス
「充実した読書につなげられるような案内作り」をテーマとして、多読のビジネスマンが本の紹介や比較をしているWebサイト
11 | 2017/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

「イノベーションの最終解」クレイトン・クリステンセン著


クリステンセン教授が編み出したイノベーションに関連する理論により、業界の動きを外からみていく本。
イノベーション三部作のうち、企業内部から戦略を考える前二作と異なる視点である。但し用いられる理論は同じで、その習熟をより広い範囲に拡大できる作品となっている。
[読者イメージ]
およそ企業活動に携わる全ての方にたいして良い読書体験をもたらすだろう。日頃の業務への見方が高まるような、楽しいカフェタイムに良い一品だ。


[視点]
クリステンセン教授の用いる理論は三つである。
それぞれ破壊的イノベーションの理論、RPVの理論、VCEの理論と読んでいるが、それぞれ企業の意思決定をみる視点を構成するものだ。
破壊的イノベーションの理論は、企業活動の革新であるイノベーションについて、持続的・ローエンド型・新市場型に分類する。
僕の読んだところでは、対象顧客で分けてあるもので、「富める客のさらなるニーズに」「富める客の過剰解消に」「もたざる客の便利に」応える新たな活動のことである。
性能追加、性能減価格減、新性能とイメージするのも良いかもしれない。

RPVは、資源・プロセス・価値観のことで、それぞれがどんな市場でどんな活動をとるかに影響を与える。僕の読んだところでは、企業が大きくなるにつれてより大きな利益率を望む体制になるという大企業の弱さを説明するものだ。

次にVCEの理論は、バリューチェーン進化の理論のことで、原料をとるところから販売するまでのバリューチェーン上のプロセスにつき、統合と分離をとる意思決定を説明するものだ。
僕の読んだところでは、価値創出への戦略に業界を俯瞰する視野をもたらすためのものとして出てくる。

この三つの理論で、教育・航空・半導体・医療・通信の各テーマについて分析を展開している。考え方を身につけるものとして、勉強したいビジネスマンに応える本である。
[比較と特徴]
クリステンセン教授は戦略コンサルタント出身であり、これらの仕事と大学院での研究とあいまって本書は完成したという。
このためか、新書とは読みごたえが違う。多くの解説をともなった分かりやすさが特徴と言えるだろう。

http://blog.goo.ne.jp/kazunotesu
アクセスVISION: 業界や事業の動向について、考えをまとめているサイト

関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



カテゴリ

プロフィール

kazunori

Author:kazunori
こんにちは。読書アクセスを運営しておりますカズノリといいます。
趣味は読書とラジオを聴くことです。
本屋をぶらつくのが好きで、仕事帰りや休日に歩き回っています。ネットで色々なサイトも見ながら本の情報を仕入れては、家やカフェ、通勤途中で、読書をして考えごとを巡らせています。

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる