「充実した読書につなげられるような案内作り」をテーマとして、多読のビジネスマンが本の紹介や比較をしているWebサイト

< 前の記事へ Blog Top 次の記事へ >
『ブックカフェ~東京メトロ沿線』
2016年11月22日23:06


快適な読書体験には、その時々の興味関心に向き合ってくれる本を選ぶこと、理解を自分なりに整理しながら読むということに加えて、快適な読書空間が必要だ。

候補としては海辺、静かな公園、カフェ、家のリビング、ファミレス、書斎等があるだろう。この中で、カフェは多くの人にとって有力候補だと思う。

それも、読みたい本に加えて普段あまり目にしないような気になる本・雑誌を揃え、それらを購入しなくともコーヒー片手に座って読めるというブックカフェは、最高の空間の1つと思う。

そういうわけで、ここではブックカフェを、それも多くの店がある東京メトロ沿線でのブックカフェをいくつか紹介したい。

1.『TSUTAYA×スタバ』神谷町店
神谷町駅徒歩1分
◎空いている。休日も座れる
◎電源ある
◎スタバなので、Wi-Fi完備(無料登録必要)
○本は一般的な啓文堂など、駅前の中型本屋程度に加え、2階にブックオフ位の中古本コーナー

ここは一押しだ。神谷町駅があまり大きな駅でないため、平日も休日も一定の混み具合で、一人で寄る分には座れる。
店はあまり広くなく一般的な品ぞろえだが、流行をカバーしており、ビジネスマン向けを意識しているのかビジネス本は特に多め。

2.『TSUTAYA×スタバ』roppongi店
麻布十番駅徒歩3分
○雰囲気が良い
△とても混む。平日であれば二時間程
○洋書と雑誌がとても多い
○本は一般的な中型本屋よりは多い

とてもオシャレな外観と、洋書と雑誌をもつ独特の品揃え。広い空間で、読書の合間に雑誌で色々なジャンルに触れてみたいというときに使えそうだ。

3.『ブルックリンカフェ』マルイアネックス店
新宿三丁目駅徒歩2分くらい、新宿駅徒歩7分くらい。
○雰囲気が良い
○広々とした空間。
△コーヒー600円~
△食事客メイン。もはやブックカフェか怪しい
△芸術の本ばかり。

一人~少人数でコーヒー片手に読書する人たちの空間としてブックカフェをイメージしていると呆気にとられる。おそらく女子会をしているテーブルが最も多い。

4.STORY STORY 新宿小田急百貨店内
○本の品揃えは中型書店レベル
○コーヒーは500円程
○新宿駅直結

駅直結なので雨の日にも良い。流行りの新刊を扱うのみならず少し前の有名なビジネス名著が多い他、おしゃれな雑貨も置いてある。

関連記事

カテゴリ : 読書環境・ワークライフ

コメント : 0 /

< 前の記事へ Blog Top 次の記事へ >
コメントを見る
コメントを書く