読書アクセス
「充実した読書につなげられるような案内作り」をテーマとして、多読のビジネスマンが本の紹介や比較をしているWebサイト
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

WIRED 雑誌
今回は、雑誌WIREDを紹介したい。
本来このサイトは本の比較による購買時のフィルタリングサポートを目的にしているのだが、この雑誌は扱う範囲が独特なので紹介になる。

WIREDはアメリカで創刊されたテクノロジー雑誌であり、その編集長であるK.ケリーが著作を出し世界で話題となったことで注目を集めている。このサイトでもそれを推薦している。
http://kazunotesu.jp/blog-entry-48.html?sp

WIREDは単なるテクノロジー雑誌ではない。僕の読みでは、それはインターネットの思想に基づく世界中の出来事を扱おうとしている。
たとえば現在(H28.10.29)書店に並ぶvol.25。扱われるのはFINTECHの本丸とも言われるブロックチェーン技術のほか、エストニアの技術者インタビュー、イギリスやアメリカのテック系実業家インタビュー、大統領選挙に活躍するデータ解析会社Civis Analytics特集、本屋を変えていく日本の起業家たちの挑戦…
「既存社会への新たな価値提供による変革の今」が世界中にアンテナを広げながらリポートされている。規模の大小に関わらず、変革最前線の今に焦点をあてているようだ。

新しいテクノロジーに主眼をおいた雑誌は、他には家電の紹介雑誌やパソコン専門誌ばかりだ。パソコン専門誌は、初めて読む人を引き込む記事が少なく、プロ向けにプロが書いているような感がある。
広く世の中に影響するようなテクノロジーを長々と取りあげるのはWIREDくらいではないか。

もし本屋を通りすがることがあったらぜひ立ち読みしてみてほしい。探そうとも思いつかなかったような新しい情報に出会い、たくさんのアイデアや変革への活力が得られるはずだ。
購入でなくとも、ファッション雑誌の立ち読みついでにでも、テクノロジーに興味のある人にはたまらないであろう一冊。


(楽天)



新聞やテレビの特集よりも一つのテーマに尺をとって詳しく述べることが出来たり、そもそも詳しい編集者を多数抱えているのが雑誌の強みだと思う。雑誌の編集者はラジオに出てもテレビにしっかり出ることは少ないため、暇つぶしに本屋を巡る趣味があったり意識して集めたりしないとなかなか良い雑誌は見つけられない。
今後、本屋巡りをネットサーフィンの代わりに入れてみるのは面白い発見があると思う。
関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



カテゴリ

プロフィール

kazunori

Author:kazunori
こんにちは。読書アクセスを運営しておりますカズノリといいます。
趣味は読書とラジオを聴くことです。
本屋をぶらつくのが好きで、仕事帰りや休日に歩き回っています。ネットで色々なサイトも見ながら本の情報を仕入れては、家やカフェ、通勤途中で、読書をして考えごとを巡らせています。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる