読書アクセス
「充実した読書につなげられるような案内作り」をテーマとして、多読のビジネスマンが本の紹介や比較をしているWebサイト
11 | 2017/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

「愛するということ」E.フロム 著


一時多くの書店で平積みになっていた本。
多くのビジネス本のように話の構造が目次などでわかりやすく整理されているわけではない。ここでは内容について概要を説明し、他の似たようなテーマの本と比較して本選びの資料にしたい。

思うにこの本が対象に考えているのは、「好きな人がいてそれなりに愛し合ってると思うけれど自信がないので心理学者の古典を読んでもうちょっと考えたい」ときである。愛することの基準を策定し解説したりしている。


[視点]
まず初めに、愛するということは自然な成り行きではなく技術だと述べ、これはその解説本だという立場を説明している。
人間のゴールについての定義を「孤独から逃れること」におき、その達成方法について、
興奮or
周囲との同調or
創造的活動にいそしむor
人と愛し合う
の4つを挙げて、4つめ以外の手段には欠点を挙げている。
次に愛し合うことを理解するのに、支配や服従との比較を行い、「愛するためには性格が生産的な段階に達していなければならない」と結論する。

その客観的な測定は「配慮、責任、尊重、知」であるとして、例えば尊重では、
「その人が、私のためにではなくその人自身のためにその人なりのやり方で成長していってほしい」と望んでいるかどうかを判定するなど、具体的な内容についても踏み込んで説明を加えている。

[比較と特徴]
対話の姿勢に関して同じ結論に至る「七つの習慣」は主体的に人生を動くことから述べており、
「理解し合うにはまず自らを確立しなければいけない」という、本書では前提として軽く述べられている部分が詳細に説明されている。
ただ「愛するということ」にテーマをおいて話を進めているのはフロムの本書で、また分量もそれほど重くない。
現時点での興味に合わせて読み始めたらいいのではないかと思う。
関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



カテゴリ

プロフィール

kazunori

Author:kazunori
こんにちは。読書アクセスを運営しておりますカズノリといいます。
趣味は読書とラジオを聴くことです。
本屋をぶらつくのが好きで、仕事帰りや休日に歩き回っています。ネットで色々なサイトも見ながら本の情報を仕入れては、家やカフェ、通勤途中で、読書をして考えごとを巡らせています。

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる