読書アクセス
「充実した読書につなげられるような案内作り」をテーマとして、多読のビジネスマンが本の紹介や比較をしているWebサイト
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

「モモ」ミヒャエル・エンデ著
今回は、子どもにも読める面白い物語として広く知られている一方、テーマには近代社会に象徴的な社会問題の提起があるという次の作品を紹介したい。



ミヒャエルエンデは20世紀後半ドイツの作家で、つまり社会環境が同時期の日本に近い。工業化を急速に進めてひずみが起こっている社会にたいして観察がなされており、そして問題を提起している。(それらは21世紀に於いて、一部は解決されようとしているし一部は保留されている。)

主人公のモモの周囲の大人が語る、工業化された社会での苦しさについての一節はかつての左官屋の語る次の通り。
「手をひとつ動かすにも決められたとおり」
「まっとうな良心に反するような仕事をやってるんだ。…インチキ工事さ!…むかしはいまとちがって、…おれの仕事をほこりに思ったもんだ」

このうち一つ目はテクノロジーの進展により、限りなく自動化されて解決されようとしている。このように無駄にされている時間は、まさに現在進行形で解放されている。
しかし二つ目の問題は、資本主義の利益追求のひどさを指摘しているのだと思うが、むしろ制度の問題であって、言わば昔ながらの問題である。たとえば江戸時代の良心的な役人の上司に悪代官が就いたら同じような苦しさをもったことだろう。

二つ目の問題に解決はあるのか、今でもニュースには不祥事の問題があり困難をうかがわせる。
大人のあきらめの言葉として、本著では「あまり深刻に考えないこと、そんなの関係ないと思うこと」が広がっているという。しかし心であきらめきれず、「だんだんと関心を何にももたなくなって、心はからっぽで冷えきってしまう。退屈の病にかかる」と観察している。そしてそれを、「誰かのため」と言ってのみこもうとしていると指摘するのだ。

モモの友だちには子どもたちも登場するが、そうした心の冷えきった大人たちにまきこまれ、「役に立つこと」だけを「面白いの?」と考えることもなくつめこまされ、心の行き場のない、現在風に言うならキレやすい子どもにさせられていることを指摘している。
つまりこの本には3つの問題提起があって、テクノロジーが1つめの問題を解決しているが他の2つは未だに社会問題であり続けている。現在読んでも、示唆に富む一冊である。児童書というよりフランツ・カフカなどに近い社会小説だ。
カフカの現代社会の描写には、「城」が挙げられるだろう。

こちらも現代社会の作業の1つ1つをみたときの心のこもらなさの実態を述べているものだ。主人公の姿も輪郭が見えてこず、登場する人物もおこる出来事にも全て無気味な薄暗さが漂い続けている作品だ。
この二作について、メッセージ性やストーリー展開では「モモ」が優れていて、心のこもらない大組織の仕事の無気味さをひたすら表現する読み心地では「城」に特徴があると整理できる。

また、工業化され単純作業の増えたころ、一作業員の取り組み姿勢として神話を持ち出しつつ視点をかえる考えを紹介したものがカミュの作品に存在する。


これは作業をしながら変化していく自らに目を向けることで無意味性を克服しようという試みであり、目標意識よりもやらされ感で受験勉強をさせられる立場の学生に近いものがあるのではないだろうか。

学校の勉強に向き合い苦しむ学生というテーマではヘッセの車輪の下も挙げられやすい。

この作品は、たとえていうなら「モモ」に登場する子どもたちの一人を主人公にして、悲劇的に教育の問題点を疑問視しているようなものだ。
ここでは、「モモ」のようなハッピーエンドはないため読後感は言いようもなく暗い。助けが登場することもなく、社会の圧力の苦しさを延々と表現するかのようだ。読後感の強烈な暗さの分、読んできた人たちへの影響は大きかったはずだ。

社会のテーマをめぐる小説の代表的なものについて、興味があれば読んでみてはいかがだろうか。

http://blog.goo.ne.jp/kazunotesu
アクセスVISION: 社会にある色々なおしごとを考えるサイト
関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



カテゴリ

プロフィール

kazunori

Author:kazunori
こんにちは。読書アクセスを運営しておりますカズノリといいます。
趣味は読書とラジオを聴くことです。
本屋をぶらつくのが好きで、仕事帰りや休日に歩き回っています。ネットで色々なサイトも見ながら本の情報を仕入れては、家やカフェ、通勤途中で、読書をして考えごとを巡らせています。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる