読書アクセス
「充実した読書につなげられるような案内作り」をテーマとして、多読のビジネスマンが本の紹介や比較をしているWebサイト
11 | 2017/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

日常の意思決定を考える本
日常の細かな意思決定(例えば飲み会に参加するかどうか、どこに寄り道するかなど、どうでもいいこと)で、迷うようなことはないだろうか。
または、自らよりも迷う誰かをみて、不思議に思ったりすることはないだろうか。
これらはその場の話にとどまらず、その後のリーダーシップの形成やいじめの原因、得られるチャンスに関わるものだ。日常の些末な出来事の積み重ねは、人生に影響力がある。
このような日常の意思決定を予め整理しておけるような本を悩みの種類で二つに分けて考えると、以下のようになる。

・個人的な選択肢で迷う
ここでは個人的な人生のゴールと目の前の選択肢の意味合いを話し手がどれだけ具体的、正確に把握できているかが決定的なポイントだ。
個人的な判断として事柄の緊急性と重要性をすぐに整理することを主張するのは次の本だ。

七つの習慣のうち第三の習慣は「重要事項を優先する」というもの。ここでは具体的な例を挙げながら重要性、緊急性に基づく事柄の分類をしていて、そのうち重要だが緊急でないものを週間スケジュールに予め記入することなどが述べられる。

週間スケジュールなのは、人間関係などは細かくスケジュールを設定しても一人の都合で進まないものだからだ。
人生で何をしたいのかはある程度決まっていることが前提だ。本書では第二の習慣の解説の中で、人間関係や事業など複数の観点から人生の目標を考える構成になっている。

・組織の1人としての選択肢に迷う
何かを話し合うときやチームで行動するとき、誰もが無意識にゴールと手法を思い描いて行動している。具体的には、
「この行動は~のためにやってる」
「~の根拠から、手法は~にしている」
「~という手法によれば、スケジュールと役割分担は~のようになるのが最適だ」
というセットだ。今何をしているのか、これから何をするべきなのかの羅針盤である。
組織としての羅針盤を外した発言や行動をするとき、相手によっては罵声が浴びせられる。その積み重ねはキャラクターとなり、世俗的に言えばバカにされるのかどうかという判断基準になる。

この羅針盤をとらえて協調性のあるチームワークを作り出す方法を考える場合、七つの習慣には「人間関係の六つのパラダイム」として関係性をwin-winその他六つのパターンに分類して理解する記述がある。
ここでは自らの成功、相手の成功をいかにして調整するべきか、アドバイスがされている。
よりテクニカルにチームワークを考えるときは、メッセージのやり取りのポイントを押さえる次の本が効果的だ。

これはチームで何かをする際、連絡や理解をスムーズにしてくれる整理方法だ。
日常の全て(カラオケや飲み会に出席するかどうか考えるところから)、その場の空気でなく意味合いを考えて選択できるようになる、実践方法も述べられている。

目に見えている羅針盤を超えた「組織の本当にあるべき姿」をとらえて発言や行動をするのは優れたリーダーシップであるが、これについては改革を成し遂げたような人物の回顧録http://kazunotesu.jp/blog-category-13.htmlを読むことが近道と思う。
よくある王道としては、視野を広げて将来を見通す洞察力を持つ・メッセージをしっかりと伝える・組織の人の想いを捉えることなどが言われている。(例えば、竹中平蔵氏のインタビューhttp://toyokeizai.net/articles/-/11917
英語を学び世界を知ることが強調されているが、英語教育は多様な業者の参加でサービスも色々あるようだ。
日本経済新聞社とピアソン社が共同開発! GlobalEnglish 日経版

【無料カウンセリング】ライザップがTOEICにコミット!



関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



カテゴリ

プロフィール

kazunori

Author:kazunori
こんにちは。読書アクセスを運営しておりますカズノリといいます。
趣味は読書とラジオを聴くことです。
本屋をぶらつくのが好きで、仕事帰りや休日に歩き回っています。ネットで色々なサイトも見ながら本の情報を仕入れては、家やカフェ、通勤途中で、読書をして考えごとを巡らせています。

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる