読書アクセス
「充実した読書につなげられるような案内作り」をテーマとして、多読のビジネスマンが本の紹介や比較をしているWebサイト
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

人間関係についての本
人間関係についての本というタイトルだが、その時々で問題は様々だと思う。そのなかで、特に悩む場面をイメージして、次の通りまとめたい。

・仲が良くない
誰かを嫌いになったり、誰かに嫌われてその気持ちが分からずに困るようなことはないだろうか。あるいは嫌われてムカつくから嫌いになるというのはどうだろう?

ここで、嫌うというのは攻撃的な感情を意味するものとする。
主体的に生きるという場合、嫌うのは自分のゴールを邪魔されるとき以外は起こらない。それ以外はムカつくとしても、最低限の行動力で関わりを解除することに意識を向けて、余った力はゴールに向かう行動に配分するからだ。邪魔されるときはケンカして叩き出さないとダメだ。

邪魔するパターンには、ゴールとなる理想を実現する道に立ちふさがっていて意図的に邪魔だという他、相手が特段主体的なわけではなく、無意識的だったりノリで動いて結果的に邪魔だったりすることもある。
後者を嫌いと思うか仕方ないと考えているかは個人差がある。叩き出す際の労力が、「ちょっとごめん」と言ってどかす程度で済むことも多いからだ。自分のブランドを傷つけるような勘違い発言やダサさを嫌うというような場合は、「ああいうのは嫌いだ」と表明するだけにとどまるケースも見られる。

誰かを嫌うとか、誰かに嫌われるのが明確な感情である場合、どのように邪魔しているのか考えて解決するのが効果的だ。
よく分からないまま悩みで時間を費やしてはいけない。ムカつきあっても仕方ない。

どうしても特段邪魔になっていないけど嫌ってしまうという場合、人生脚本に起因する可能性がある。つまり子ども時代に聞いた話、受けた行動によって無意識のレベルでストーリー形成されており、特定の基準にあてはまる存在をみるとそれだけで「嫌う」という行動をとっているのだ。

そのような場合は自らの現実認識を深くみつめ、ストーリーの書き換えを行う他ない。


(楽天)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

完訳7つの習慣 [ スティーヴン・R.コヴィー ]
価格:2376円(税込、送料無料) (2016/10/14時点)




・仲良くなってくれない
どうすれば好かれるのか、もちろん本当に解決しようと思えば具体的に相手がどんな人生を送りたいか、人に望むものは何かなど好みを聞かなければならないし、仲良くなるというのがどういうことなのかも具体的に考えなければ動きようもないだろう。

ただし、一般的な話をするなら人は自らを重要人物と思いたがるものだ、ほめろと述べたものが次の本だ。

(楽天)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人を動かす文庫版 [ デール・カーネギー ]
価格:702円(税込、送料無料) (2016/10/14時点)




この本は、七つの習慣と同じく古典として扱われることもあるが、その内容はこの通りとても世俗的なものだ。リンカーン大統領を研究していた学者が人の基本的な心理とその上手な向き合い方について記したものであり、読んでいて面白いものだ。
関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



カテゴリ

プロフィール

kazunori

Author:kazunori
こんにちは。読書アクセスを運営しておりますカズノリといいます。
趣味は読書とラジオを聴くことです。
本屋をぶらつくのが好きで、仕事帰りや休日に歩き回っています。ネットで色々なサイトも見ながら本の情報を仕入れては、家やカフェ、通勤途中で、読書をして考えごとを巡らせています。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる