読書アクセス
「充実した読書につなげられるような案内作り」をテーマとして、多読のビジネスマンが本の紹介や比較をしているWebサイト
11 | 2017/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

「期待」を考える本
日常でも、期待するから人に怒り、口を出し、がっかりするということがある。逆に、期待されるからがんばれるという場合もある。期待を適正に調整することは人間関係で重要だ。

期待は信頼と近いが区別が必要だ。
期待のような「出来る可能性がある」ではなく、「当然出来る」と思っているのであれば信頼であり、それは人間関係の土台である。
共通することは、成果を出さなければ、或いは思う通りの行動に出なければ失われダメージを与えるということだ。

現段階で、人生のゴールのなかに「この人(達)に少しでも早く、もっと好かれたい」というものがあるだろうか。
・ある場合、その人々の期待を大きく受けて応えようと努力することは挑戦への行動力を高める。
典型的な関係と概要は以下の通り。
幼い子どもと親:子どもは親に好かれたくて努力し、親は未知の才能を夢見て期待する。
企業と投資家:今後の事業に期待するから投資があり、期待させるから事業が出来る。
気を引きたい人:まずは相手に自らの実力を超えてもPRし、得られた期待に応えて好意に変える。

・ない場合、期待は一般に邪魔である。
失敗した場合、自分がとる行動に対して関係のないところで期待している人の感情をそこない、その後の行動にダメージとなる可能性がある。
関係の有無は行動の目的をその人と正確に共有するかどうかで判断されるだろう。関係なければ、予め期待を解除するべきだ。




【無料カウンセリング】2ヵ月でTOEICスコアを劇的に変える!ライザップイングリッシュ
関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



カテゴリ

プロフィール

kazunori

Author:kazunori
こんにちは。読書アクセスを運営しておりますカズノリといいます。
趣味は読書とラジオを聴くことです。
本屋をぶらつくのが好きで、仕事帰りや休日に歩き回っています。ネットで色々なサイトも見ながら本の情報を仕入れては、家やカフェ、通勤途中で、読書をして考えごとを巡らせています。

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる