読書アクセス
「充実した読書につなげられるような案内作り」をテーマとして、多読のビジネスマンが本の紹介や比較をしているWebサイト
06 | 2018/07 | 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

「思考スピードの経営」(ビル・ゲイツ著)



マイクロソフト社を創業した、ビル・ゲイツの作品。20世紀末に記された本ながら、さすがにデジタル時代を作り出したリーダーの1人というべきか、内容は今も有益だ。
・史上初めて、あらゆる形の情報-数字、文章、音声、映像-がデジタル形式で表現されるようになり、それをどんなコンピューターでも蓄積、加工、転送することが可能になってきた
・史上初めて、標準のソフトウェアのプラットフォームと標準のハードウェアが組み合わさって規模の経済を創出出来るようになり、どんな規模の会社にも強力なソリューションを安い値段で与えてくれるようになった
という点をとらえてデジタル時代と述べているこの時代を、企業や個人はどう活用していけるのかを述べている。


(作品の見解)
デジタル時代に、企業は統合化された情報の流れを実装する。これはデジタル・ナーバス・システムというべきもので、洞察力と協働をもたらす。
このことは、ビジネスに必要な三大要素(顧客や提携業者との関係、従業員、業務プロセス)を全て変革する。
その変革は特に、
・消費者や企業との取引のデジタル移行
・社内の知識や情報の管理方法のデジタル移行
・デジタルでの自動化や効率化、顧客関係強化
という三つのアプローチで進む

(細かい内容)
読んで頂けるとわかるが、上記は序論をまとめただけだ。以降約600ページにわたり、具体的な変化(使うツール、企業の成しうる工夫、人事の変化、ライフスタイルの変化)やあるべき対応策、実例(マイクロソフト社を含む)を伝えている。
ツールはもちろん、その後色々な企業が出てきて強化してきた。(Googleもこの本出版の後)
しかし考え方は、今の企業がIT戦略として説明するようなものを既に予見している。

(比較、参考)
デジタル時代を知ることについて、他の本だと、デジタル時代の経営をGoogle社長エリック・シュミットが説明する『How Google Works』が優れている。
文化やとるべき戦略など、デジタルサービス創出側の企業目線から述べているのがエリック・シュミット、その顧客としてデジタル化にとりくむ企業の目線から述べているのが本書という整理ができる。
いずれも400ページを超える作品なので、他にもっと軽い本を探すとすれば、大前研一氏がデジタル時代の戦略について述べたいくつかの本を読むことで考え方をいくつかおさえられると思う。
Web記事で言えば、デジタル化と企業の関係を述べているのは下記が優れていると思っている。

https://meti-journal.jp/p/38
冨山和彦氏が、わかりやすく具体例を出しながらデジタル化の威力を説明している記事

https://japan.zdnet.com/article/35108430/
デジタル化サービスの第一人者、マーク・ベニオフ氏が考えるプラットフォーム化の力、教育の高度化の必要性が述べられている

(その他)
https://blog.goo.ne.jp/kazunotesu
アクセスVISION:様々な事業や市場について、その動向を考えているサイト

http://topicvision.jugem.jp/
トピックVISION:様々な話題について情報の整理をしているサイト
関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



カテゴリ

プロフィール

kazunori

Author:kazunori
こんにちは。読書アクセスを運営しておりますカズノリといいます。
趣味は読書とラジオを聴くことです。
本屋をぶらつくのが好きで、仕事帰りや休日に歩き回っています。ネットで色々なサイトも見ながら本の情報を仕入れては、家やカフェ、通勤途中で、読書をして考えごとを巡らせています。

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる