FC2ブログ
読書アクセス
「充実した読書につなげられるような案内作り」をテーマとして、多読のビジネスマンが本の紹介や比較をしているWebサイト
07 | 2018/08 | 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

「大変化~経済学が教える2020年の日本と世界」竹中平蔵著


日本の経済政策立案の主要メンバーとして活躍してきた著者による、2020年までの展望。
2020年というのはもちろん東京オリンピックを意識してのもので、この一大イベントを日本成長にいかに役立てるか、その施策を述べている。
あわせて経済社会の変革がどのように起こると予測するかを解説しているため、読者にとっては自身の行動指針になるような本となっている。

(見解)
日本にはイノベーションを起こさなければ成長できない時代が来る。そのとき、英語が出来たり仲間と連携することが個人にとっての戦力となる。施策としては、三大都市圏をリニアでつないで連携を深めること、再生エネルギー技術開発を後押しすることをしていく。また、農業や観光業について規制改革を進めて競争しやすくする。
働き方改革は、雇用制度の基本を変えて、人々が専門能力によって色々な組織を動きながらプロジェクトを進める働き方の社会になるまで行う。
社会保障は、富裕層高齢者に渡る支出を止めて若者へと政府支出を移すような施策を打つが、富裕層の努力は認め、課税は伸ばさないようにする。

(比較と解説)
経営者やコンサルタントの本と比べ、実務というより政策立案の目線からこれからの成長に向けた話を展開している。その一方で、学術の本と異なり今後数年を射程とした具体的なメッセージも出ている。
働き方改革の話は生産性の本や様々なテクニックの本が出ているが、政策立案の主要メンバーが専門家として様々な組織をまたいで働く社会像を打ち出している本書の内容をみると、一般的な現場の努力話以上に本格的な変化が想定されていると見るべきだろう。

https://www.kantei.go.jp/jp/headline/ichiokusoukatsuyaku/hatarakikata.html
首相官邸の取組みの様子:働き方の現状課題と施策、2016年までのロードマップなど具体的内容と実現度合いが確認できる。

http://blog.goo.ne.jp/kazunotesu
アクセスVISION :様々な事業の動向を考えているサイト
関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



カテゴリ

プロフィール

kazunori

Author:kazunori
こんにちは。読書アクセスを運営しておりますカズノリといいます。
趣味は読書とラジオを聴くことです。
本屋をぶらつくのが好きで、仕事帰りや休日に歩き回っています。ネットで色々なサイトも見ながら本の情報を仕入れては、家やカフェ、通勤途中で、読書をして考えごとを巡らせています。

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる