読書アクセス
「充実した読書につなげられるような案内作り」をテーマとして、多読のビジネスマンが本の紹介や比較をしているWebサイト
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

「ジョブ理論」クレイトン・クリステンセン著


本書はイノベーション三部作(http://kazunotesu.jp/blog-entry-26.html?sp)の著者であるクリステンセン教授が、イノベーションを起こして成果を出すようなビジネスモデル策定の視点を示すものだ。
内容は「イノベーションの最終解」の中で破壊的イノベーションの理論を支える視点として述べられている“片付けるべき用事“だ。
元々イノベーションの進出先として市場を考えるとき、クリステンセン教授は顧客層を
①今は無消費の潜在的な顧客
②今のサービスや製品を一部過剰だと考える顧客
③今のサービスや製品に飽き足らない顧客
という三分類にして、それぞれに対応するイノベーション戦略を具体的に考え出した。それが

1新市場型破壊的イノベーション
2ローエンド型破壊的イノベーション
3持続的イノベーション

だ。ここまで判別できるとイノベーション戦略のための研究開発やビジネスモデル変革ポイントが明らかになり、チームの体制も目的に合わせた設計方法があるので成功しやすい。
それがイノベーションの最終解なのだが、そもそもどうすれば顧客の分類が出来るのか、特に無消費層を見つけられるのか分かりにくいという課題が出たらしく、本書の執筆に至ったらしい。


(見解)
イノベーション戦略のためには顧客を知ることが重要で、それはビッグデータを集めて分析した統計を眺めていても見つからない。顧客の今の行動を後付けで説明するのがうまくなるだけだ。
そうではなく、顧客が当該製品やサービスで片付けようとしている用事(ジョブ)を知ることが大事だ。
そのためには顧客を観察し、おかれている状況と課題の理解、解決に至っているポイント、それらのストーリーごとに細分化することが必要だ。

(比較と特徴)
イノベーション理論の最も基本となる一ポイントに特化した作品。
この理解に基づいて組織を再設計し、狙ったイノベーションに向けて突き進むためにはイノベーションの最終解を始めとした他の著作に進むことが必要だ。

ただし、所属する企業などでデータ分析のマーケティングを偏重しすぎてうまくいかなくなったり直観と離れた施策が出てきて不安になる時など、本書を読んでいれば上手く覆す解決策が見つかるかもしれない。
読んで力になる一冊だと思う。

アクセスVISION:ビジネスモデルを考えるサイト
http://blog.goo.ne.jp/kazunotesu


関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



カテゴリ

プロフィール

kazunori

Author:kazunori
こんにちは。読書アクセスを運営しておりますカズノリといいます。
趣味は読書とラジオを聴くことです。
本屋をぶらつくのが好きで、仕事帰りや休日に歩き回っています。ネットで色々なサイトも見ながら本の情報を仕入れては、家やカフェ、通勤途中で、読書をして考えごとを巡らせています。

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる