読書アクセス
「充実した読書につなげられるような案内作り」をテーマとして、多読のビジネスマンが本の紹介や比較をしているWebサイト
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

「ブロックチェーン・レボリューション」ドン・タプスコット著
デジタル技術によって世界が変わるという話題において、主な技術に挙げられやすいものといえばブロックチェーンではないだろうか。
ビットコインなど金融分野にとどまらず、契約の実現を組織でなくテクノロジーに置き換える、巨大な台帳。それは取引の種類にもよるが、基本的に既存の集権的なビジネス、制度にたいして変革や大きな効率化をもたらす可能性がある。

本書はそのブロックチェーン技術について第一人者が解説するものだ。そして他の第一人者たちによる高評価も得ているらしい。分かりにくいテクノロジーの話について大きく間違えずに基礎知識を得るには、最も適している一冊だろう。


(見解)
本書はブロックチェーン技術をインターネットばりに世界を一変する力があると考えている。
それはどんな取引でも記録でき、その信頼性に中央集権の力を必要としない特性をもつ。
ブロックチェーンの金融技術に可能性を感じ、巨大銀行の幹部や巨大IT企業の幹部がビジネスを試しつつあるのが現状である。
この技術の懸念は取引の拡大により処理能力の限界がくる可能性や、データ記録に用いられる電力コストであり、その解決に向けても日々努力が続けられている。

(比較と特徴)
本書はブロックチェーンによる未来の変化予測の本である。
技術についてすっきり分かるわけではない。それは他の未来予測の本(アレック・ロスの本http://kazunotesu.jp/blog-entry-137.html?spなど)と同レベルといっていい。

本書がそのような未来予測の本と異なるのはブロックチェーンに特化し、そこから全ての領域への影響を洞察するところだ。また、発行が2016年の後半であり、最近の様々な企業の反応も描かれている。
ブロックチェーン技術に特に注目する人にとっては、未来予測に力になる一冊だ。もしブロックチェーン開発がうまくいった場合、その波及を素早く理解できるようになると思う。

(参考になりそうな記事)
https://www.google.co.jp/url?sa=t&source=web&rct=j&url=https://media-publications.bcg.com/Thinking-Outside-the-Blocks.pdf&ved=0ahUKEwjqluzvm7HVAhWEEbwKHaIKAMYQFghmMAk&usg=AFQjCNEKv9sCyXfKR_moLe_rYPumy17G2Q
ボストン・コンサルティング・グループによるブロックチェーン技術の論考

(その他)
http://topicvision.jugem.jp/
トピックVISION: ニュースになるような様々な話題について情報を整理しているサイト

http://blog.goo.ne.jp/kazunotesu
アクセスVISION: 様々な事業や市場について今後の動向を考えているサイト

関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



カテゴリ

プロフィール

kazunori

Author:kazunori
こんにちは。読書アクセスを運営しておりますカズノリといいます。
趣味は読書とラジオを聴くことです。
本屋をぶらつくのが好きで、仕事帰りや休日に歩き回っています。ネットで色々なサイトも見ながら本の情報を仕入れては、家やカフェ、通勤途中で、読書をして考えごとを巡らせています。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる