読書アクセス
「充実した読書につなげられるような案内作り」をテーマとして、多読のビジネスマンが本の紹介や比較をしているWebサイト
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

「経済」レイ・ダリオ作
ウォール・ストリートジャーナルによっても世界最大と評されるヘッジファンドは、レイ・ダリオの率いるブリッジウォーター社である。https://www.google.co.jp/amp/s/www.wsj.com/amp/articles/the-worlds-largest-hedge-fund-is-building-an-algorithmic-model-of-its-founders-brain-1482423694

そして、このレイ・ダリオが経済の本質について述べた動画がYouTubeに公開されており、しかも日本語に翻訳されている。それが「the economy (経済)」である。

https://youtu.be/NRUiD94aBwI

これは経済が循環する仕組みを紹介した作品であり、マクロ経済が今どのような状態で、今後拡大するのか縮小するのか考えるときの助けになる。

その内容は僕の理解した限り、次の通りだ。
①金融は、信用(クレジット)の創出によって人々の購買力を高める
②購買力の高まりは物価を高め、企業の業績も上がり、インフレになる
③高すぎるから物を買わないとか、売りたい人が買いたい人を上回るとき、物価は下がりだす
④物の価値を基礎として成り立っていたクレジットは縮小し、人々の購買力が下がる
⑤購買力が下がると企業業績も物価も下がり続けてデフレになる
⑥物価が下がりきって買う人々が売る人々よりも増えるとき、物価は上がりだす
→①につながり、流れは循環する。

そして中央銀行はこの②と⑤を振れ幅が大きくなりすぎる前に調整しようと、金利を調整したり紙幣の印刷量を調整したり、市場に介入する。
例えば、
インフレのときに金利を上げればクレジットの創出は抑えられ、ダメージが大きくなる前に物価を下げ始められる。
デフレのときに金利を下げればクレジットの創出を促進できて、ダメージが大きくなる前に物価を上げ始められる。

現在の日本はデフレを抜け出せず、金利をとても下げている。それでも住宅の販売がふるわないなど、借り手の心理が購買に向かっていない。
それは大前研一氏の著作http://kazunotesu.jp/blog-entry-125.html?sp にある日本の将来への不安など、様々な社会的な心理が関わっていることが要因のように思われる。
投資家に役立つのみならず、社会の課題をより深く考えるのにも役立つ作品である。


・・・21世紀の人々の投資活動について考えた本

http://blog.goo.ne.jp/kazunotesu
・・・アクセスVISION: 様々な市場や事業について考えているサイト



関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



カテゴリ

プロフィール

kazunori

Author:kazunori
こんにちは。読書アクセスを運営しておりますカズノリといいます。
趣味は読書とラジオを聴くことです。
本屋をぶらつくのが好きで、仕事帰りや休日に歩き回っています。ネットで色々なサイトも見ながら本の情報を仕入れては、家やカフェ、通勤途中で、読書をして考えごとを巡らせています。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる