読書アクセス
「充実した読書につなげられるような案内作り」をテーマとして、多読のビジネスマンが本の紹介や比較をしているWebサイト
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

「聞き上手話し上手」佐藤可士和 著


ユニクロのカタカナロゴを作り出したことでも知られるクリエイター、佐藤可士和さんが喋りたい人にひたすら会いに行ったインタビューの総集編が本書。
雑誌「UOMO」の企画力なのか、著者のネームバリューなのか、竹中平蔵、大前研一、三木谷浩史、秋元康、太田光、亀田誠治、等々ものすごいメンバーだ。
「どうやって作ってるのか」という話が多くて、そこで気にすること・そこに乗せている目的意識は人それぞれ。
まるで雑誌の面白い記事の集大成であり、ラジオのインタビューのような対談であり、読んでいてとても楽しい作品だ。

(見解)
この本は多くの人との対談なので、その一つ一つに色々なメッセージが出ているが、佐藤可士和さんの発言を辿ると、

・(対談する人の経歴や作品を必ず知っていて、どこにどう感銘を受けたか簡潔にコメントしている。会いたい人に会いに行くのだから自然に知っているのだろうが、対談の序盤に必ず簡潔に伝えている)
・情報があふれ返る世の中だからこそ、その入り口となる外見はすごく大事
・自分一人が張り切っても、プロジェクトをまとめる力がないと、クリエイティブディレクターとは呼べない
・振り返ると「あんなの誰でもできるよ」って言われた仕事の方がいい仕事に分類できる。コンセプトが明快で印象に残る、でも本当は真似できない、ということなので
・いいデザインが浮かぶためにいちばん大事なのは「日常感」みたいなこと。面白い、つまんないと、あまり深く考えずにいろいろ思っているようなことがすごい大事
・注文の奥をちゃんと見て、クライアントが本当に望むことを探り当てて「こっちのほうがよかった」って思ってもらうのがプロの仕事
・顔とかファッション性にも、その人の表現がそのまま出る

…などなど、表現すること、作り出すことについて様々に見解を述べており、対談を通じて佐藤可士和さんのクリエイティブであり続けるための考え方にもふれることができる。ちなみに上記の列挙は、ほんの一部だ。

(比較と特徴)
佐藤可士和さんの本には「超整理術」(http://kazunotesu.jp/blog-entry-94.html?spで紹介)もあり、体系的にデザインの作り方を述べてくれている。
ただし読むときの楽しさでいえば「聞き上手話し上手」が圧倒的で、リラックスして読む内容が印象にしっかり残るというタイプの人にとってはこちらが良いだろう。
美術系のバックグラウンドを持ちつつ経営コンセプトにも深く関わる著者の考え方には、今後分野をまたいで仕事するようなときに指針となってくれる魅力があると感じている。

(参考になりそうな他のサイト)
http://www.13hw.com/interview/16_01.html
佐藤可士和さんがクリエイティブディレクターになるまでの道をインタビューしている記事

https://www.houdoukyoku.jp/posts/8888
佐藤可士和さんが奥さんと共にインタビューを受け、関係などを述べている記事


アクセスVISION:様々な事業について考えているサイト
http://blog.goo.ne.jp/kazunotesu
関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



カテゴリ

プロフィール

kazunori

Author:kazunori
こんにちは。読書アクセスを運営しておりますカズノリといいます。
趣味は読書とラジオを聴くことです。
本屋をぶらつくのが好きで、仕事帰りや休日に歩き回っています。ネットで色々なサイトも見ながら本の情報を仕入れては、家やカフェ、通勤途中で、読書をして考えごとを巡らせています。

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる