読書アクセス
「充実した読書につなげられるような案内作り」をテーマとして、多読のビジネスマンが本の紹介や比較をしているWebサイト
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

「金持ち父さん貧乏父さん」ロバート・キヨサキ著
本書は仕事をする人に「何のために働いているのか」と問いかけ、もしもそれが多少なりともお金のために嫌々やっていることなら脱け出すための方法を教えよう、という一冊だ。
(毎日楽しくて仕方ない、能力を発揮して十分な収入を得ている、という場合はきっと面白い本ではない。)

[比較と特徴]
本書では、従業員として働く他に
・ビジネスを所有する
・収益力のある資産を保有する
ということによって収入を得る道があることを提示している。収益力のある資産は、例えばマンションだったり株式だったりする。
そして著者が不動産などで収入を増やしていった話を実際に解説している。

[比較と特徴]
現在はさまざまな雑誌で不動産や株式への投資が呼びかけられ、クラウドファンドもネットで活動しているため中々新しさを感じないが、「どうして投資を良いものだと言う人が多いのだろう」と改めて疑問に思うことがあれば、この本は丁寧に答えてくれるだろう。
ずっとサラリーマンを続けて苦労した人の背中から学び、その否定から入っているところがあるので、働くことを述べる本を他にも複数読むことで公平に判断できるようになるだろう。
楽しそうに会社に所属して働いている内容を述べている例には、「ルービン回顧録」や「人は仕事で磨かれる」などがある。一般に、既にある会社で主体的に働くということにも大型の資本を用いてビジネスできるというメリットがあり、どちらが良いかは一概には言えないだろう。


ただ、仕事の楽しさを感じられず悩む人に対して資産を築いて脱け出すことを分かりやすく教えてくれている本書は、選択肢を広げてくれる良書であり、おすすめの本である。

http://amzn.to/2rlVkaB
1万年の未来予測: 悩む気持ちが軽くなるかもしれない本
http://amzn.to/2rm0Wl4
事業動向の予測技術: 事業動向を考える技術の本



関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



カテゴリ

プロフィール

kazunori

Author:kazunori
こんにちは。読書アクセスを運営しておりますカズノリといいます。
趣味は読書とラジオを聴くことです。
本屋をぶらつくのが好きで、仕事帰りや休日に歩き回っています。ネットで色々なサイトも見ながら本の情報を仕入れては、家やカフェ、通勤途中で、読書をして考えごとを巡らせています。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる