読書アクセス
「充実した読書につなげられるような案内作り」をテーマとして、多読のビジネスマンが本の紹介や比較をしているWebサイト
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

「挫折力」冨山和彦 著
挫折を乗り越えてこそ豊かな人生を送れる、と考えて挫折の意義と挫折に打ち克つ方法を述べた作品。
冨山和彦氏と言えば「具体的な経営戦略・ローカルとグローバル・多様な働き方の企業組織」というイメージだが、本書はその根底にある人の生き方について述べている。

[見解]
間違いを恐れたり、空虚なエリート意識をもったりという弱さは挑戦し挫折する中で克服できる。能力以上のことに挑戦して挫折することこそが人を成長させ、人生を豊かにする。
この見解を支える考えは、著者の経験でありそれらは具体的事例として説明される。この中には、著者の挫折経験や企業再生での人間ドラマが登場する。
[比較と特徴]
本書は著者の他の作品と比べると内容が人間観、人生観によっており自己啓発本として読めるものとなっている。
そのなかで、組織を改革するときの人間ドラマには「人はなぜ裏切るか」など複数のテーマにわたり説明しており、そこで挫折から得た善悪のとらえ方なども説明している。組織改革の参考にもなるような読み物でもある。

読んでいると前向きな気持ちになるような本だ。
また、冨山氏のインタビュー記事は数多いが、ここではビジネスで苦労しながら学び、進んでいくことを語る記事(日本人材ニュースhttps://www.google.co.jp/amp/jinzainews.net/articles/N51e4.amp)を共有しておく。
~~~~~



http://blog.goo.ne.jp/kazunotesu
アクセスVISION: 業界や事業の動向について考えたことのまとめサイト

関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



カテゴリ

プロフィール

kazunori

Author:kazunori
こんにちは。読書アクセスを運営しておりますカズノリといいます。
趣味は読書とラジオを聴くことです。
本屋をぶらつくのが好きで、仕事帰りや休日に歩き回っています。ネットで色々なサイトも見ながら本の情報を仕入れては、家やカフェ、通勤途中で、読書をして考えごとを巡らせています。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる