「充実した読書につなげられるような案内作り」をテーマとして、多読のビジネスマンが本の紹介や比較をしているWebサイト

< 前の記事へ Blog Top 次の記事へ >
「スティーブ・ジョブズ スタンフォード大卒業式スピーチ」
2017年05月01日08:31
スティーブ・ジョブズが2005年にスタンフォード大で行った記念スピーチの動画。
この時点でジョブズはパーソナルコンピュータで大成功を収め、CGアニメを作り出し(トイ・ストーリー)、イノベーターとしてスタンフォード大のあるシリコンバレーの著名人であった。
しかも、この数年後にiphoneを世に出し、さらなるインパクトを与えることになる。

文章を読むより、動画で見るのがこれについてはおすすめだ。

https://youtu.be/VyzqHFdzBKg

和訳は動画中にもあるので、以下に要約。
~~~
話されるのは三つのストーリー。
・点をつなぐことについて
・愛と喪失について
・死について

メッセージは以下の通り。
・将来、自分のすることがどうつながるかは後にならないと分からない。興味と直感に従って、他の人と違っても、したいことに打ち込むべきだ。例えば科学で解明できないフォントの美しさの仕組みに大学の講義で夢中になり、後にPCのフォントに選べる種類を開発した。
・本当にしたいことは、例えば立ち上げた会社を解雇されるようなことがあったとしても、ぶれずに続けられるものだ。それがないのであれば、探し続けなければいけない。立ち止まるな。
・死ぬときは、本当に重要なものしか残らない。他人の期待、プライド、恥や恐れは残らない。信じることをするべきだ。朝、「今日が最後の日だとしたら予定していることをするか」と訪ね、違うという日が何日も続いたら、何かを変えるときだ。ハングリーであれ、愚かであれ。本当にしたいことを探し続けて打ち込め。立ち止まるな。
~~~
事実関係については気分次第で間違えることもありつつ、感情を率直に表現することではよく知られたスティーブ・ジョブズ。
その伝記も出ていて、文章もとても読みやすいので興味のある方にはおすすめだ。http://kazunotesu.jp/blog-entry-160.html?sp

関連記事

カテゴリ : 自己啓発の本

コメント : 0 /

< 前の記事へ Blog Top 次の記事へ >
コメントを見る
コメントを書く