「充実した読書につなげられるような案内作り」をテーマとして、多読のビジネスマンが本の紹介や比較をしているWebサイト

< 前の記事へ Blog Top 次の記事へ >
「一万年の未来予測」カズノリ著
2017年04月28日19:17


本書はサブタイトルを「現在、一万年前、一万年後の日本の生活」という。一万年前と現在の生活の様子、何に悩み何を願い暮らしているのかを考えることによって、一万年後の生活の未来予測をしている一冊である。
現在と一万年前については、官公庁の種々の統計や判明している事柄を詳細にわたって調べた。
例えば現在であれば20代~30代の若者の統計を調査し、その一週間の暮らしや1ヶ月の平均的な所得やお金の使い道についてまで考えている。

[内容]
現在、一万年前、一万年後にそれぞれ章をたて、統計等のデータの解釈や予測と根拠を述べた後、ストーリーとして生活を描き出す。そこではどのような悩み、願いがあるかについても叙述を進めている。
日本の人口動態など統計やデータを見ながら、長い時間軸で考えごとをするようなとき、参考になるような作品と思う。
[比較と特徴]
他に考えごとをするときの参考としては、読書について述べた記事http://kazunotesu.jp/blog-entry-37.html?spをおすすめしたい。

関連記事

カテゴリ : ごあいさつ

コメント : 0 /

< 前の記事へ Blog Top 次の記事へ >
コメントを見る
コメントを書く