「充実した読書につなげられるような案内作り」をテーマとして、多読のビジネスマンが本の紹介や比較をしているWebサイト

< 前の記事へ Blog Top 次の記事へ >
「未来化する社会」アレック・ロス著
2017年04月25日20:27


本書はアメリカの国務省顧問を務めた研究者が世界中の有識者、首脳と会談し未来についての見識を深めている一冊だ。
扱うテーマは幅広く、テクノロジー進化が政治的安定に与える影響、産業の姿が変わることによる社会への影響、新たなビジネスがどんな形で出てくるかについての考え等が登場する。
数ある未来予測の著書の中でも、かなり読みごたえのある本である。

[内容]
本書は政治制度・社会の経済・都市・安全保障・これからの世代の教育・イノベーションなど広いテーマについて見解を出しており、その事例やキーパーソンとの会談の様子も多く載っている。

例えば、急速な現代化を成し遂げて今後注目を集めるであろうエストニアという国について。
この国は人口130万人の国で1991年にソ連の支配下から抜けたときは競争力をもたなかった。
ここから国を外に開くこととデジタル化を成し遂げることを政治的に決定し、既得権を撤廃して投資を呼び込み、初等教育を充実させ(小学校1年からプログラミングを学んでいる)、急激な成長を遂げた。
技術力も高く、例えばSkypeはこの国の首都タリンで開発されたサービスである。
同じくソ連の支配下から抜けた国でも閉じたままで発展していない国もあり、政治的な決定は発展に大きな意味を持つ。アフリカでも政治的決定による格差は大きく出ていて、イノベーションと女性の社会進出、経済成長の進んでいるルワンダは発展の成功例である。
また、これからの世代の教育は、広く世界を旅して新しい変化を考えられるようにすることを勧めている。機動性を持ち、文化をまたいで活躍する機会を与えることを主張する。
[比較と特徴]
扱うテーマの幅広さが第一の特徴だ。テクノロジーそのものに特化するのはテクノロジー雑誌編集長のケビン・ケリー氏の作品http://kazunotesu.jp/blog-entry-48.html?spが有力で、
社会への影響であればダボス会議創始者の作品http://kazunotesu.jp/blog-entry-133.html?sp、経済であれば大前研一の多くの著書や企業による作品が多くある。
また、ビッグデータの新規ビジネスの例を海外の小さなものまで挙げていたり、急激に成長している国々のリーダーとの対話を紹介していたり、記述の丁寧さも特筆すべきものだ。
他の本では、だいたいUberやエアビーアンドビーなど大企業の例だけだが、小さくとも多様な事例を前にすると、新たなテクノロジーが世界中でどんな変化を起こしているのか、より身近に感じることができる。
未来を考えるとき、一番といっても過言ではない良書だろう。また、具体的な統計を挙げながら未来への潮流を述べているという点で僕の本http://amzn.to/2oroXJOにも独自の価値があると思っている。

http://blog.goo.ne.jp/kazunotesu
アクセスVISION:様々な事業や業界の今後について僕の見解を述べているサイト

関連記事

カテゴリ : 人文科学の本

コメント : 0 /

< 前の記事へ Blog Top 次の記事へ >
コメントを見る
コメントを書く