読書アクセス
「充実した読書につなげられるような案内作り」をテーマとして、多読のビジネスマンが本の紹介や比較をしているWebサイト
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

「銀行はこれからどうなるのか」泉田良輔 著
国内外の金融機関に勤務してきた著者による、銀行の今後について洞察している本。
純粋な銀行出身者の本に比べて読みやすく、利用者目線でのサービス変化などにも言及しており面白く読める本だ。

[見解]
銀行業務は4つの類型の事業者が担うようになる。
・スマートフォンで決済や資産形成の出来るモバイル型銀行
プライベートバンク
・国際的投資銀行
・ネット上で融資審査も自動で出来るクラウド型銀行
このうち、IT投資を十分できない地銀はプライベートバンクになる。
支える考え方は、 
・銀行は預金がなければ成り立たないビジネスだが、個人の資産はネット小売業者等のポイントでの保有など多様化しており、ポイント優遇は預金金利より良い
・資産を多くもつ世代がITリテラシーの高い世代へ移ると競争は激化する
・個人が預金としてもつ利点の一つは利便性で、モバイル型銀行にメリットがある
・クラウド型銀行はネット小売業者が法人取引を把握しており、拡大する優位性がある

[比較と特徴]
フィンテックの今後の動向の本としてみると、他の多くの作品と違うのは銀行目線であることと、豊富な統計も用いつつ扱うことと、具体的にイメージのわいてくる説明である。
個人の金融を考えるのに単にサービスを列挙するのではなく比較をしつつ使い勝手をみていたり(LINE PayやAlipayで出来ること等)、
他国の銀行とメガバンクを見るのに利益の推移と利益を出しているサービスの内枠をみている等。
銀行の本としてみたときは、読みやすさが特徴的であると思う。

【無料カウンセリング】2ヵ月でTOEICスコアを劇的に変える!ライザップイングリッシュ
関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



カテゴリ

プロフィール

kazunori

Author:kazunori
こんにちは。読書アクセスを運営しておりますカズノリといいます。
趣味は読書とラジオを聴くことです。
本屋をぶらつくのが好きで、仕事帰りや休日に歩き回っています。ネットで色々なサイトも見ながら本の情報を仕入れては、家やカフェ、通勤途中で、読書をして考えごとを巡らせています。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる