「充実した読書につなげられるような案内作り」をテーマとして、多読のビジネスマンが本の紹介や比較をしているWebサイト

< 前の記事へ Blog Top 次の記事へ >
「老後不安不況を吹き飛ばせ」大前研一 著
2017年04月12日20:21


大前研一氏による、日本経済の低迷の分析とその解決案を述べた一冊。
タイトルにある通り老後不安で消費にお金が回らない状況が問題の核心であると考え、その原因分析を多くの統計と具体例で述べた後、解決策を提示する。

[見解]
日本経済の低迷は国民全体に広がる老後不安からきており、解決には政府の生活保証・政府や企業からの高齢者への金融教育機会付与・楽しい老後の提案その他、個人による資産把握・投資勉強・収入の多様化・世界水準の稼ぐ力向上・複数の趣味習得などが存在する。
この見解を支える考えは、
・実家から半径五キロ以内で成人以降も暮らすマイルドヤンキーや日常生活をイオンやららぽーとで完了するイオニスト、ららぽーたーといった、若者の生活様式の消費の低迷
・平均的な貯蓄性向の高さからの老後の生活への不安の高さの表れ
などだ。

[比較と特徴]
日本経済の見方としては、竹中氏や冨山氏と異なり成長戦略を失敗とみているが、回復しうるという見方は変わらない。従って、政府への提言は異なるが、回復のありうる社会への個人の行動としては似ている。
複数の収入の道を考えること、投資への取り組みがそれである。
ただし、主に40代以降への過ごし方のメッセージと政策提言という構成なので、若者のチャレンジ方法を具体的に考える点では著者の別な本(例えばテクノロジー4.0)や冨山氏や竹中氏の著作の方が良い。
関連記事

カテゴリ : ビジネスの本

コメント : 0 /

< 前の記事へ Blog Top 次の記事へ >
コメントを見る
コメントを書く