読書アクセス
「充実した読書につなげられるような案内作り」をテーマとして、多読のビジネスマンが本の紹介や比較をしているWebサイト
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

「伝わる・揺さぶる!文章を書く」山田ズーニー著
受験勉強の小論文について究めた人が「文章を書く」という側面から人と関わり生きていくことを述べた良書。
文章に表れる他者への意識や人生の意識から書き手の心のわだかまりを見つけ、いくつも問いかけを行うことで本来の表現を引き出した、という事例も初めの方に出てくる。

[見解]
機能する文章は意見、論点、他者の視点等について問いかけが為されて作成されており、それでこそ正しく伝わって心を動かすものになる。

文章は相手と自分についての認識がなければ伝わることがない。同じ文章でも相手によってとらえ方が異なるし、意見の根拠への納得も相手の背景により異なる。
文章にたいして自ら先に問いかけ、(相手にどう感じてほしいか、なぜこう思うのか等)文章を作り込むことで伝わる文章へ洗練できる。

[比較と特徴]
言葉にすることで気持ちや考えを整理して、人と関わることを円滑にしていけるという論理はゼロ秒思考http://amzn.to/2niwWXLと同じだ。
本書が文章について全般的に扱うのに対して、ゼロ秒思考は考えを短時間で言葉にするという手法一点に着目した展開であることが違いである。

文章をうまく書くという視点では、論理的に整理していく技術を述べた作品が主にコンサルタントの著作に多数あるが、本書の著者の関心はビジネスで優位に立つ工夫ではなく、ひと言でいえば、読み手の書く力を解放することである。
高校生のときの現代文の授業に学びそびれたものがあるように感じている方などには、特に有意義な読書になるだろう。

セブンイレブン受け取りで書籍購入

本を売るなら【ブックオフ】公式宅配買取サービス
関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



カテゴリ

プロフィール

kazunori

Author:kazunori
こんにちは。読書アクセスを運営しておりますカズノリといいます。
趣味は読書とラジオを聴くことです。
本屋をぶらつくのが好きで、仕事帰りや休日に歩き回っています。ネットで色々なサイトも見ながら本の情報を仕入れては、家やカフェ、通勤途中で、読書をして考えごとを巡らせています。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる