読書アクセス
「充実した読書につなげられるような案内作り」をテーマとして、多読のビジネスマンが本の紹介や比較をしているWebサイト
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

「言葉にできるは武器になる」梅田悟司 著
広告代理店で活躍し、数々の賞を受賞している著者による、言葉にするということを考える一冊。
◇表現する言葉は頭の中の意見の上澄みであり、良い表現は意見を育む思考段階での言葉を磨くことから実現できる
という見解をもっており、思考する言葉(内なる言葉)と向き合って意見を高める工夫を述べている。

[考え方]
この見解のもととなる考えは
・言葉の表現を届けたい相手は、言葉を聞きたい以上にそこにある意見を聞きたい
・意見は表現以前に頭の中で育まれるもので、表現はその上澄みにすぎない
・意見が意味の明確な、伝わりやすいものであれば表現はシンプルで良い
というものがある。考える過程について、頭の中で思考を形にする内なる言葉の働きがあり、それが表現を良くするために改善するべき対象だという。
[理論]
この見解~考え方から出てくる理論は、
・内なる言葉と向き合うためにそれを書き出していって俯瞰できるようにすると整理できる
・書き出した言葉を見ながらさらに考えを進めることで、言葉の解像度を高めて明確に伝わる意見にできる
というものだ。本書ではこのための具体的な手法がさらに詳しく述べられていく。
[比較と特徴]
比較されるのはゼロ秒思考http://amzn.to/2lIKwkrだ。
同じく思考を書き出して整理することで明確に伝えられる、という論理を導いており、その手法を詳細に説明している。
本書はコピーライターの作品、ゼロ秒思考は戦略コンサルタントの作品である。本書は表現に重きをおいて、表現の工夫(動詞にこだわる、似て非なる言葉の区別をする等)にも話が及び、ゼロ秒思考は紙に書き出して生産性を高めていく役立て方に話が進む。
僕は表現の工夫にも書き出して生産性を高めていく行動意識も読んでいて面白かったので、両方おすすめだ。
生活のすべてはセブンネットで【セブンネットショッピング】



関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



カテゴリ

プロフィール

kazunori

Author:kazunori
こんにちは。読書アクセスを運営しておりますカズノリといいます。
趣味は読書とラジオを聴くことです。
本屋をぶらつくのが好きで、仕事帰りや休日に歩き回っています。ネットで色々なサイトも見ながら本の情報を仕入れては、家やカフェ、通勤途中で、読書をして考えごとを巡らせています。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる