「充実した読書につなげられるような案内作り」をテーマとして、多読のビジネスマンが本の紹介や比較をしているWebサイト

< 前の記事へ Blog Top 次の記事へ >
「BOLD 突き抜ける力」ピーター・ディアマンディス著
2017年02月06日00:26
2015年末に出された、巨大な影響力をもちうるテクノロジーとそれによる成功者、チャンスに満ちた社会に着目した本。
著者も宇宙事業や大学設立などエネルギッシュに活動する人物だ。

[見解]
世の中には指数関数的に勢いをつける技術や今まさに指数関数的に育ちつつある技術が存在する。その育成のメカニズムを学び、事業を進めることで巨大な成功を収められる。
という見解をもち、著者は話を展開している。
これを支える考え方の特徴的なものは、
・十億人の課題を解決するのがビリオネアへの道
・現代は情報社会で、良いアイデアは力をもつ
等である。
本書は大きく段階分けすると、指数関数的にレベルアップしていく技術(エクスポテンシャルテクノロジー)に見られる特徴を述べ、現在の例を挙げ、何かを大きめに始める方法を述べ、本書の注目する成功者を解説する。 

[比較と特徴]
技術の解説と未来の世界についての洞察からはケヴィン・ケリー(本サイトでも注目した。http://kazunotesu.jp/blog-entry-48.html?sp)のような未来予測の本ともいえるが、
著者のメッセージの力点は行動に移すことのすすめだ。こんな面白い技術があり、先人がいて、動きやすい環境があるんだ、と述べているのだ。
必ずしも起業でなく、面白いアイデアを行動に移すことにもクラウド活用による方法を段取りから説明している。
著者は心から、エネルギッシュな事業をみるのが好きなのだろう。清々しいくらいに未来への行動力を語る一冊であった。
ビジネス英語なら日経

【無料カウンセリング】ライザップがTOEICにコミット!


関連記事

カテゴリ : テクノロジー

コメント : 0 /

< 前の記事へ Blog Top 次の記事へ >
コメントを見る
コメントを書く