読書アクセス
「充実した読書につなげられるような案内作り」をテーマとして、多読のビジネスマンが本の紹介や比較をしているWebサイト
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

「ITシステムの罠31」安茂義洋 著
ITシステムへの投資、その導入プロジェクトと保守のフェーズで注意すべきポイントをアクセンチュアの前身会社でのITコンサルタント~戦略コンサルタントとしての経歴からまとめた本。
業務を変革する導入の視点、逆にコストだけになる失敗のパターンが述べられている。

[読者イメージ]
業務をITによって効率化するための企業活動に関わる全ての人に向けられている作品だ。
開発と保守の発注の方法論(開発契約の前に保守の責任も明文化しておくこと等)をベンダー企業の内在論理(利益構造、営業の成績評価)にふみこみながら述べていたり、コミュニケーションの注意点を指摘してくれる。
[視点]
業務効率化とITシステム構築の2つを区別して、「連動して考えるべきところ」と「区別して考えるべきところ」を整理していることが本書の1つのテーマだ。
例えば、
・業務プロセスに必要な変数を確立できていなければシステム構築しても業務効率化できない。確立していない部分はExcelを作り込む等の安い対応にすべき。
・投資効果は業務としてITシステムを管理することに企業で慣れるまでプロジェクトを続けて、業務効率化の実態を把握するべき。
・開発進捗は業務プロセスの移行準備に影響を与えるものであるため、開発現場のサンプリング調査をしつつ開発現場と業務部隊の認識を連動させるべき。
などの区分があった。
これらに注意することは内容理解を深める1つの指標になるかもしれない。
[比較と特徴]
システム導入プロジェクトの注意点を述べる本は数多くある。PMBOKという業界標準手法についての解説が基本的なものにも思える。
しかし読んでいて具体的なイメージがわくという点に於て、本書はありがちな失敗にふれつつ各段階を説明しているため特に読みやすいと思う。
【完全無料プログラミング研修&就活塾】


TechAcademy [テックアカデミー]


【ブックオフ】公式宅配買取サービス【送料・手数料無料!】
関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



カテゴリ

プロフィール

kazunori

Author:kazunori
こんにちは。読書アクセスを運営しておりますカズノリといいます。
趣味は読書とラジオを聴くことです。
本屋をぶらつくのが好きで、仕事帰りや休日に歩き回っています。ネットで色々なサイトも見ながら本の情報を仕入れては、家やカフェ、通勤途中で、読書をして考えごとを巡らせています。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる