読書アクセス
「充実した読書につなげられるような案内作り」をテーマとして、多読のビジネスマンが本の紹介や比較をしているWebサイト
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

「How Google Works」エリック・シュミット他


この本は、検索の領域で世界最大となったグーグル社の経営陣が、彼らの出身地であるシリコンバレーと伝統により、後輩へのアドバイスとして経営の思想を伝授するべく世に出した作品だ。

・どのようにしてデジタル化の進んだ時代に大きな成功を収められるだろうか
・何でみんな楽しそうにして、立派に成功しているのか
という誰もが多かれ少なかれ持っているだろう興味に応えてくれていると思う。文体に遊び心があって面白いので直接読むことをおすすめするが、ここではその内容について読んで少し紹介を行いたい。


(内容)
企業には第一に文化が必要だ。
経営陣や従業員の1人1人、何かの決断を迫られるときがある。
そのときにどのように答えを出すかという無形の雰囲気が企業の文化だ。例えばグーグル社には「邪悪になるな」という文化があるし、「ユーザーを第1に考える」という文化がある。
ユーザー第1はグーグルchromeを使って感じる通り、日々使い勝手を向上することに役立っているし、社内では経営陣まで本気で遂行することへの信頼が従業員の本気の能動性を引き出している。

次に戦略が続く。従業員たちの努力や資本を向かわせるのに、常に技術・プロダクトの向上を優先し、(文化とも通じるが)ユーザーに有意義であることからオープンを原則とするのだ。
これは例えば日本の携帯キャリアに見られるような囲いこみ文化の撤廃、プロダクトやサービス自体の優位への挑戦に会社を向かわせることを意味するだろう。

次が人材だ。人材は最も大事とよく言われるが、グーグル社も前述のように魅力的な文化を築き上げ、成長を真っ直ぐに志向する企業となっているものの人材を集めていくことに特に注意をしているという。
例えば抜群にスゴい人を従業員に連れてきてもらうように呼びかけたり、質問をどのようにするか考えていたりというアクションにより「情熱と知性、誠実さと独自の視点を持った理想の候補者」を得ようとしている。
採用活動への協力が人事評価に関わるというところにも本気度を感じる。

(見解)
読めば読むほどにグーグル社の世の中を変えようという熱意や求心力を感じる。入社して活躍するにはプログラミング等で技術者としての力を持たないと厳しそうだが、、
従業員が経営陣まで本気の文化を信じ、良い働きをしようと自ら動くことに良い職場だと感じる。しかもそれが経営陣の戦略によって優れた成果へと収束されていくのだ。それが利益になり、良い給与にもなる。
こんな会社を築き上げるのはすごいことだ。
事業をするならこんな組織を築き上げたいと思うような会社である。

http://blog.goo.ne.jp/kazunotesu
アクセスVISION:
ビジネスモデルを様々に考え出しているサイト

「ジョブ理論」クレイトン・クリステンセン著


本書はイノベーション三部作(http://kazunotesu.jp/blog-entry-26.html?sp)の著者であるクリステンセン教授が、イノベーションを起こして成果を出すようなビジネスモデル策定の視点を示すものだ。
内容は「イノベーションの最終解」の中で破壊的イノベーションの理論を支える視点として述べられている“片付けるべき用事“だ。
元々イノベーションの進出先として市場を考えるとき、クリステンセン教授は顧客層を
①今は無消費の潜在的な顧客
②今のサービスや製品を一部過剰だと考える顧客
③今のサービスや製品に飽き足らない顧客
という三分類にして、それぞれに対応するイノベーション戦略を具体的に考え出した。それが

1新市場型破壊的イノベーション
2ローエンド型破壊的イノベーション
3持続的イノベーション

だ。ここまで判別できるとイノベーション戦略のための研究開発やビジネスモデル変革ポイントが明らかになり、チームの体制も目的に合わせた設計方法があるので成功しやすい。
それがイノベーションの最終解なのだが、そもそもどうすれば顧客の分類が出来るのか、特に無消費層を見つけられるのか分かりにくいという課題が出たらしく、本書の執筆に至ったらしい。


(見解)
イノベーション戦略のためには顧客を知ることが重要で、それはビッグデータを集めて分析した統計を眺めていても見つからない。顧客の今の行動を後付けで説明するのがうまくなるだけだ。
そうではなく、顧客が当該製品やサービスで片付けようとしている用事(ジョブ)を知ることが大事だ。
そのためには顧客を観察し、おかれている状況と課題の理解、解決に至っているポイント、それらのストーリーごとに細分化することが必要だ。

(比較と特徴)
イノベーション理論の最も基本となる一ポイントに特化した作品。
この理解に基づいて組織を再設計し、狙ったイノベーションに向けて突き進むためにはイノベーションの最終解を始めとした他の著作に進むことが必要だ。

ただし、所属する企業などでデータ分析のマーケティングを偏重しすぎてうまくいかなくなったり直観と離れた施策が出てきて不安になる時など、本書を読んでいれば上手く覆す解決策が見つかるかもしれない。
読んで力になる一冊だと思う。

アクセスVISION:ビジネスモデルを考えるサイト
http://blog.goo.ne.jp/kazunotesu



「経済」レイ・ダリオ作


ウォール・ストリートジャーナルによっても世界最大と評されるヘッジファンドは、レイ・ダリオの率いるブリッジウォーター社である。https://www.google.co.jp/amp/s/www.wsj.com/amp/articles/the-worlds-largest-hedge-fund-is-building-an-algorithmic-model-of-its-founders-brain-1482423694

そして、このレイ・ダリオが経済の本質について述べた動画がYouTubeに公開されており、しかも日本語に翻訳されている。それが「the economy (経済)」である。

https://youtu.be/NRUiD94aBwI

これは経済が循環する仕組みを紹介した作品であり、マクロ経済が今どのような状態で、今後拡大するのか縮小するのか考えるときの助けになる。

その内容は僕の理解した限り、次の通りだ。
①金融は、信用(クレジット)の創出によって人々の購買力を高める
②購買力の高まりは物価を高め、企業の業績も上がり、インフレになる
③高すぎるから物を買わないとか、売りたい人が買いたい人を上回るとき、物価は下がりだす
④物の価値を基礎として成り立っていたクレジットは縮小し、人々の購買力が下がる
⑤購買力が下がると企業業績も物価も下がり続けてデフレになる
⑥物価が下がりきって買う人々が売る人々よりも増えるとき、物価は上がりだす
→①につながり、流れは循環する。

そして中央銀行はこの②と⑤を振れ幅が大きくなりすぎる前に調整しようと、金利を調整したり紙幣の印刷量を調整したり、市場に介入する。
例えば、
インフレのときに金利を上げればクレジットの創出は抑えられ、ダメージが大きくなる前に物価を下げ始められる。
デフレのときに金利を下げればクレジットの創出を促進できて、ダメージが大きくなる前に物価を上げ始められる。

現在の日本はデフレを抜け出せず、金利をとても下げている。住宅ローンの貸出がここ数年伸びてきている等変化がみられるが、インフレ目標は達成されなかった。
それは大前研一氏の著作http://kazunotesu.jp/blog-entry-125.html?sp にある日本の将来への不安など、様々な社会的な心理が関わっていることが要因のように思われる。
投資家に役立つのみならず、社会の課題をより深く考えるのにも役立つ作品である。


・・・21世紀の人々の投資活動について考えた本

http://blog.goo.ne.jp/kazunotesu
・・・アクセスVISION: 様々な市場や事業について考えているサイト

「佐藤オオキのスピード仕事術」佐藤オオキ著


デザインオフィスnendoの代表であり、スターバックス等飲食店の店舗設計や時計デザイン、キャラクターデザイン等を手がけるデザイナー、佐藤オオキさんによる仕事術の本。
毎週土曜にラジオ番組も手がけているので、そこで知るようになった人もいるかもしれない。http://www.j-wave.co.jp/original/laughsketch/
自然体でトークしていて、聴いているとリラックスする。今日の放送を聴いたところによれば作業BGMとして評判が良いらしいが、僕もそう思う。


(見解)
仕事はどんな仕事もやりかけではなく「保存して終了」することを心がけつつ、タイミングにより最も気分の乗る仕事は変わるので、取りかかるものはその時々で決める。打ち合わせの場でアイデアを30個くらい浮かべつつ、質問していって5個くらいまで決めこみ、その後のずれをなくす。
等々
(比較と特徴)
働くときの気分に注目して、どんな場面が最もアイデア思い浮かぶか、気分の動きとタスクをどのように調整するか等を考えているところが特徴だと思う。
コンサルタントの本でも早い段階でのクライアントとの認識合わせ等は出るだろうが、「最も集中力が高まるのが打ち合わせの場だからそこでアイデアをたくさん出して、少数まで決めこんでいく必要がある」という発想などは本書ならではだ。

クリエイティブな、感情や気分と直に向き合う仕事をする人からの仕事術の本は佐藤可士和さんの作品もある。超整理術などは、特にその考え方を体系的に述べてある一冊だ。
日頃のビジネス本とは別な視点からビジネスを考えたいときなど、これらの本を読むのが面白いと思う。

(参考になりそうな他のサイト)
http://www.asahi.com/and_w/interest/SDI2015012355151.html
日頃の仕事についてのインタビュー記事

https://casabrutus.com/special/raizin
佐藤オオキさん自身がインタビュアーとなっている複数の記事のまとめページ

(広告その他)
【未経験からプログラマ】完全無料であなたの就職をサポート


アクセスVISION:様々な事業や市場のこれからを考えているサイト
http://blog.goo.ne.jp/kazunotesu

「金持ち父さん貧乏父さん」ロバート・キヨサキ著


本書は仕事をする人に「何のために働いているのか」と問いかけ、もしもそれが多少なりともお金のために嫌々やっていることなら脱け出すための方法を教えよう、という一冊だ。
(毎日楽しくて仕方ない、能力を発揮して十分な収入を得ている、という場合はきっと面白い本ではない。)

[比較と特徴]
本書では、従業員として働く他に
・ビジネスを所有する
・収益力のある資産を保有する
ということによって収入を得る道があることを提示している。収益力のある資産は、例えばマンションだったり株式だったりする。
そして著者が不動産などで収入を増やしていった話を実際に解説している。

[比較と特徴]
現在はさまざまな雑誌で不動産や株式への投資が呼びかけられ、クラウドファンドもネットで活動しているため中々新しさを感じないが、「どうして投資を良いものだと言う人が多いのだろう」と改めて疑問に思うことがあれば、この本は丁寧に答えてくれるだろう。
ずっとサラリーマンを続けて苦労した人の背中から学び、その否定から入っているところがあるので、働くことを述べる本を他にも複数読むことで公平に判断できるようになるだろう。
楽しそうに会社に所属して働いている内容を述べている例には、「ルービン回顧録」や「人は仕事で磨かれる」などがある。一般に、既にある会社で主体的に働くということにも大型の資本を用いてビジネスできるというメリットがあり、どちらが良いかは一概には言えないだろう。


ただ、仕事の楽しさを感じられず悩む人に対して資産を築いて脱け出すことを分かりやすく教えてくれている本書は、選択肢を広げてくれる良書であり、おすすめの本である。

http://amzn.to/2rlVkaB
1万年の未来予測: 悩む気持ちが軽くなるかもしれない本
http://amzn.to/2rm0Wl4
事業動向の予測技術: 事業動向を考える技術の本



カテゴリ

プロフィール

kazunori

Author:kazunori
こんにちは。読書アクセスを運営しておりますカズノリといいます。
趣味は読書とラジオを聴くことです。
本屋をぶらつくのが好きで、仕事帰りや休日に歩き回っています。ネットで色々なサイトも見ながら本の情報を仕入れては、家やカフェ、通勤途中で、読書をして考えごとを巡らせています。

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる