読書アクセス
「充実した読書につなげられるような案内作り」をテーマとして、多読のビジネスマンが本の紹介や比較をしているWebサイト
12 | 2018/01 | 02
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

「事業」カズノリ著


本書は、事業の盛衰についての理論を事業環境と組織戦略の観点から整理し、それらの調合から株式投資と事業成長のために有効な考え方を導きだしたものだ。
実際に最近の株式銘柄の動きも取り上げて説明するなど、導きだした考え方の活用方法を述べている。



(内容構成)
社会環境と事業の関係・事業を営む組織・事業価値への評価という観点から、事業を論じてきた過去の複数の名著を紹介しつつ、その理論の整合性や適応する条件を考えている。
そしてそれらは、どのように優れた事業を識別するか、どのように事業で成功するかという問いに応えるものとなっているのだ(3つ目の章でその答えとなる知見が再掲され、組み合わせて活用する方法が述べられる)。
参照する名著は当サイトで紹介した数々の作品であり、これらを読んで理論の組み合わせ、活用方法に混乱しているような場合には処方箋ともなるだろう。

本書の値段は僕の他の著作より高めになっているが、実際に理論を活用することで投資や事業から見込まれる利益に比べたら、お得な価格なのではないかと思っている(かといって更に価格を上げるのは、数々の名著に憚られた)。
事業の仕組みに興味がある方、アクセスVISIONの背景の理論に興味がある方は、読んでみてもらいたい。

http://blog.goo.ne.jp/kazunotesu
アクセスVISION:様々な事業や市場について考えているサイト
「企業価値4倍のマネジメント」火浦俊彦著


企業経営について、ベイン社における戦略の定型的な設計方法とオペレーション体制を述べた本。
ベイン社はすかいらーくの再建などを成し遂げたベインキャピタルを立ち上げたりと、その知見の活用を本業の経営コンサルティングからさらに広げてきた企業としても知られる(資本関係はないらしい)。
戦略策定での必要な考慮事項が多くあるため、気を付けながら何度も繰り返し策定して上手になっていくのだろう。


(概要)
・企業戦略と事業戦略は分けて考えるべきもので、企業戦略では本社と事業部の役割を規定することが必要。
・事業戦略は「外部分析、事業のライフステージ分析、市場定義、トップシェアをとるための戦略、目標数値と個別施策を結びつけて明確な設計図にすること」が必要。
・KPIを現場の行動→現場の成果→財務成果と3階層で設定することが計画実行のために必要。
・戦略を作ったらその実現にフォーカスして設計された組織を作り出すことが必要。注目するのは意思決定のプロセスに関わる人の定義で、「起案・情報提供・規制等調査・意思決定・実行」の5段階について効率化・役割明確化をしていること。
・財務指標以外に、事業の実態をみるためには顧客の感動体験を測る指標をもつことが必要。「友人にすすめるか」の指標を使うのが現状最も効果的。

(比較と特徴)
大前研一氏や冨山和彦氏の著作の方が内容は簡潔であり、全体感をつかんで動くのには良いだろうし事業を自ら進める人にもおそらく効果的だろう。
本書は「特に大企業の組織と向き合いながら業務を進める時」に役に立つような細かさ、具体的図表の取り込みようであり、大企業で実務として詳細まで考える必要に迫られた場合に読むものではないかという読後の感想をもった。ただしそのような場面であれば力を発揮してくれるはずだ。

(参考)
http://diamond.jp/articles/-/54404
著者がコンサルタントとして考えていることについて述べているインタビュー

https://industry-co-creation.com/management/5009
著者が登壇者の一人となって経営者に求められるメンタリティを述べている会議の議事録。当サイトで著作を扱った熊谷正寿氏も出ている。

(その他)
事業分析と動向予測:アクセスVISIONの背景にある論理や技術について図表化しつつ整理した本
http://amzn.to/2Aqz7jU

にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへ
にほんブログ村
「デジタルマーケティングの教科書」牧田幸裕著


デジタルマーケティングについて、戦略コンサルティングやIBMでの業務経験を積んできた著者が解説する本。
マーケティングの基本プロセス、そこにデジタル技術が起こす変革を述べている。
現在はスマートフォンの普及率が急速に高まり(H29情報通信白書で、日本は20代、30代の保有率が90%を超えている)、スクリーンも日常目にする機会が日に日に増えてきているデジタル化の過程にある。デジタル化のビジネス影響を知ることの重要性を感じている方は多いに違いない。この本はそのうちマーケティングについて様々な考え方を分かりやすくまとめてある良書である。



(概要)
マーケティングのプロセスは
①環境分析: 政治、経済、人口動態や行動様式、テクノロジーのうち事業に関わるものの分析
②戦略立案: 顧客のセグメント分け、成長性やアプローチ可能性でターゲティング、差別化の方針確定
③戦略実行: 施策をどんどん試していく
④戦略管理: 戦略が当たっているか指標を測定しつつ判断、施策に改良を加えたり取捨選択を進める

という順で進めていく。
このうちデジタル化は消費者の行動様式に変化を加え、企業からのアプローチ方法にも変化を加えてきている。
消費者は購入前にスマホでの検索、購入後にレビューの共有を行うようになったし、
企業はリアル店舗とオンラインサービスを連携し、一人一人に最適化された顧客体験や物流の効率化を実現するようになった。

(比較と特徴)
現代のマーケティングの本は本書でも引用される有識者であるコトラーからも出ている(当サイトの記事)が、特にデジタルとマーケティングの話を深堀りし、さらに日本での2017年後半までの先進的な事例を解説してくれているという点で本書は特徴的である。

(参考)
デジタルマーケティングの実践についての日本コカ・コーラ担当者インタビュー記事
http://www.cocacola.co.jp/stories/digital_marketing
アプリを展開してアプローチしてきた経験が述べられており、スピーディーに試して改善することがデジタルマーケティングに効果をもつのだろうと考えられる。

https://webtan.impress.co.jp/e/2016/11/15/23742
コンサルティングの大手アクセンチュアのディレクターによるデジタルマーケティングのインタビュー記事。
業務の現場で役立つKPI(成否の指標)の設定と、管理を責任もって行える組織の設立が成功の鍵であるということが述べられている。

以上から分かるのは、マーケティング施策のターゲットやメッセージなどの戦略を定めたら責任組織とKPIの一覧表を作り、スピーディーに実施と改善をするのが良いということた

(その他)
アクセスVISION:様々な事業について動向を考えているサイト
http://blog.goo.ne.jp/kazunotesu

未来予測の投資論:未来予測の考え方を述べ、投資に活かす理論を述べた本
http://amzn.to/2ickgOC
「武器としての経済学」大前研一著


大前研一氏の、2017年現在の経済トピックに対する答えを集めた作品。
具体的には国債とインフレリスク、日本の株式と不動産、老後への政府方針、中国経済、銀行の将来像といった内容である。
(論拠の要点はメッセージが明確ながら、それぞれ簡潔にまとめられているレベルにとどまる新書形式だ。
本当に自らの投資判断とするには統計やその時々の変化要素も確認する必要があるだろう。)


(内容)
大前氏の他の作品と一貫しつつ、さらに論理を進めている。
例えば消費拡大政策について、「生前贈与しても後から遡って計算して納付させる」現行形式の分かりにくさを撤廃し、年金破綻を宣言しつつ老後への政府サポートを約束して財産相続を加速するなどの内容だ。
政府サポートや相続加速は前の本でも言っていたが、税制まで具体的にふみこんだのはこの本が多分初めてだ。
また、銀行については預金と決済による付加価値提供機会がなくなっていくことを認め、その能力をビジネス創出に使うべきだと主張している。フィンテックの普及に対しての明確なメッセージが出ているのだ。

(比較と特徴)
経済にスポットを当てているため、細かくビジネスモデルの成功要因などまでを見ているわけではないが、方針策定の際に気にするべきトピックをアドバイスしてくれている本という印象だ。経済を考えるのに読んだ方が良い一冊だろう。
(お金の余裕はないが時間はあるという方なら、立ち読みでもおおよその内容はつかめる類いの本であるとも思った)

(参考)
http://diamond.jp/articles/-/211
ダイアモンド誌のインタビューで、「人脈」についての考え方を大前氏本人の実践も含めて語っている。

http://k-tsushin.jp/interview/bbt757/
海外進出など、実際の経済活動をする人側の注意するべきことを述べているインタビュー記事。


「How Google Works」エリック・シュミット他


この本は、検索の領域で世界最大となったグーグル社の経営陣が、彼らの出身地であるシリコンバレーと伝統により、後輩へのアドバイスとして経営の思想を伝授するべく世に出した作品だ。

・どのようにしてデジタル化の進んだ時代に大きな成功を収められるだろうか
・何でみんな楽しそうにして、立派に成功しているのか
という誰もが多かれ少なかれ持っているだろう興味に応えてくれていると思う。文体に遊び心があって面白いので直接読むことをおすすめするが、ここではその内容について読んで少し紹介を行いたい。


(内容)
企業には第一に文化が必要だ。
経営陣や従業員の1人1人、何かの決断を迫られるときがある。
そのときにどのように答えを出すかという無形の雰囲気が企業の文化だ。例えばグーグル社には「邪悪になるな」という文化があるし、「ユーザーを第1に考える」という文化がある。
ユーザー第1はグーグルchromeを使って感じる通り、日々使い勝手を向上することに役立っているし、社内では経営陣まで本気で遂行することへの信頼が従業員の本気の能動性を引き出している。

次に戦略が続く。従業員たちの努力や資本を向かわせるのに、常に技術・プロダクトの向上を優先し、(文化とも通じるが)ユーザーに有意義であることからオープンを原則とするのだ。
これは例えば日本の携帯キャリアに見られるような囲いこみ文化の撤廃、プロダクトやサービス自体の優位への挑戦に会社を向かわせることを意味するだろう。

次が人材だ。人材は最も大事とよく言われるが、グーグル社も前述のように魅力的な文化を築き上げ、成長を真っ直ぐに志向する企業となっているものの人材を集めていくことに特に注意をしているという。
例えば抜群にスゴい人を従業員に連れてきてもらうように呼びかけたり、質問をどのようにするか考えていたりというアクションにより「情熱と知性、誠実さと独自の視点を持った理想の候補者」を得ようとしている。
採用活動への協力が人事評価に関わるというところにも本気度を感じる。

(見解)
読めば読むほどにグーグル社の世の中を変えようという熱意や求心力を感じる。入社して活躍するにはプログラミング等で技術者としての力を持たないと厳しそうだが、、
従業員が経営陣まで本気の文化を信じ、良い働きをしようと自ら動くことに良い職場だと感じる。しかもそれが経営陣の戦略によって優れた成果へと収束されていくのだ。それが利益になり、良い給与にもなる。
こんな会社を築き上げるのはすごいことだ。
事業をするならこんな雰囲気の組織を築き上げたいと思うような会社である。
(参考)
TEDの創業者インタビュー動画
日本語字幕を入れてくれている、グーグル創業者ラリー・ペイジ氏のインタビュー動画。未来を見通し作り出すことへの集中、好奇心によって進んでいること等を述べている。

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO21757530R01C17A0EA2000
グーグルCEO(スンダル・ピチャイ氏)インタビュー
(その他)
http://blog.goo.ne.jp/kazunotesu
アクセスVISION:
ビジネスモデルを様々に考え出しているサイト

https://tokyoeg.blogspot.jp/2017/11/start.html
東京探検ゲーム:ブログ内の記事を辿ってゴールを見つける無料探検ゲーム




カテゴリ

プロフィール

kazunori

Author:kazunori
こんにちは。読書アクセスを運営しておりますカズノリといいます。
趣味は読書とラジオを聴くことです。
本屋をぶらつくのが好きで、仕事帰りや休日に歩き回っています。ネットで色々なサイトも見ながら本の情報を仕入れては、家やカフェ、通勤途中で、読書をして考えごとを巡らせています。

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる