読書アクセス
「充実した読書につなげられるような案内作り」をテーマとして、多読のビジネスマンが本の紹介や比較をしているWebサイト
06 | 2018/07 | 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

2017年を振り返って


今年も、いよいよ大晦日である。
2017年には、アクセスVISION
http://blog.goo.ne.jp/kazunotesu
の拡大と、トピックVISION
http://topicvision.jugem.jp/
の新設、東京探検ゲーム
https://tokyoeg.blogspot.jp/2017/11/start.html?m=1
の新設があった。
東京探検ゲームはこの一週間アメリカからしかアクセスがないという結果になっているが、日本の僕の好きなアーティストのYouTube動画やいくつかの僕の写真が日本への理解につながっていると考えると、意味があったと思う。

2018年はさらに、
優れた読みものへのアクセスを充実させていき、
さらにそこで得た知識を自ら活用して事業動向の予測を伝えることを継続することを強化し、
事業以外についての様々なトピックの情報整理も少しずつ行っていきたい。
事業動向の予測は、当たり外れの確認も定量的に行い、教科書や新書を超える本当に力のある理論を構築する。それはいずれ、実際に力のある事業を育み、作り出すことに寄与するはずだ。

株式で見るかぎり、2017年は日経平均以上にスクリーン関連事業の銘柄全般が伸びており、未来予測の投資論に述べる予測は当たっていた。
けれども未来予測の投資論は、事業のからくりを解き明かし、もっと構造的に説明を加える余地を残している。
事業が多く組み合わさって社会を形成しているその構造について、事業の中に人の作業が多く組み込まれているその構造について。

おそらく読みものは十分に集めているので、それを再整理して動向予測の背景装置とするに十分なくらい仕上げるのが2018年初め(休みの多い1月上旬)の仕事だ。

今年も、記事を読んでいただきありがとうございました。来年もよろしくお願いします。
「事業動向の予測技術」カズノリ著


本書は、経営や未来予測、投資についての書物の見識を事業の運営に有用なように整理し直したものだ。
内容は、事業のよくある一般的な形を確認することから入り、予め計画しきれない事業の詳細への想像力、未来を予測して事業への影響を考える想像力についてまとめている。


本書の特徴は知識を整理する観点であり、アクセスVISIONで事業運営はどのようになされるもので、どのように事業環境から影響を受けるかを考える中で少しずつ整理されてきたものだ。
http://blog.goo.ne.jp/kazunotesu
(アクセスVISION)

従来の作品よりも情報を図表等で整理して、仕入れから製品・サービスを提供するまでの過程に未来予測や企業の価値の考え方がどう関わってくるのかに言及した。
事業の仕組みを考える方々におすすめの一冊だ。



ビジネス英語なら GlobalEnglish 日経版

「一万年の未来予測」カズノリ著


本書はサブタイトルを「現在、一万年前、一万年後の日本の生活」という。一万年前と現在の生活の様子、何に悩み何を願い暮らしているのかを考えることによって、一万年後の生活の未来予測をしている一冊である。
現在と一万年前については、官公庁の種々の統計や判明している事柄を詳細にわたって調べた。
例えば現在であれば20代~30代の若者の統計を調査し、その一週間の暮らしや1ヶ月の平均的な所得やお金の使い道についてまで考えている。

[内容]
現在、一万年前、一万年後にそれぞれ章をたて、統計等のデータの解釈や予測と根拠を述べた後、ストーリーとして生活を描き出す。そこではどのような悩み、願いがあるかについても叙述を進めている。
日本の人口動態など統計やデータを見ながら、長い時間軸で考えごとをするようなとき、参考になるような作品と思う。
[比較と特徴]
他に考えごとをするときの参考としては、読書について述べた記事http://kazunotesu.jp/blog-entry-37.html?spをおすすめしたい。


「未来予測の投資論」カズノリ著


読書アクセスおよびアクセスvisionhttp://blog.goo.ne.jp/kazunotesuの運営をしている僕が、統計で検証しつつ多くの有識者の述べる論点に沿って未来予測を行い、事業分析の方法論を述べつつ投資論を述べた本。

投資だけでなく、自ら事業を育てる・始める場合にも、単にニュースを読むときにも力となる内容となっていると思う。



[見解]
投資には未来予測が必須であり、社会の大きなトレンドは統計と技術革新の検証によりある程度確認できる。この予測と事業分析、そして人生への視点から投資を進めるべきだ。
これを支える考えは、
・投資は未来の事業成長の成果を得るものである
・事業分析で未来予測の影響を詳しく見ていける
・投資の資本は人間関係にも必要なお金であり、人生の視点をもつことで最適化できる

[比較と特徴]
本書の特徴は、世界貿易機関や国際連合の統計資料にあたって一般に多くの書籍で述べられる主張を検証したこと、そこから投資論に至るまでの記述を無駄なく整理し、読みやすいサイズにまとめていることである。
未来予測の書物では紀伊国屋書店で平積みになっている「マッキンゼーが予測する未来http://amzn.to/2p9KcQ1」や話題となった「インターネットの次に来るものhttp://amzn.to/2nHQ3Mm」など比較的大型の作品があり、統計や技術をテーマに論述を進めている。
本書はこれらと比べるとき、そのデータの使い方を読み手が位置づける助けとなると共に、その入門編になると考えている。
投資に興味のある方、未来の社会に興味のある方にとって面白く読める本になっていると思う。

2016年


2016年大晦日。このサイトが活動を初めたのが今年の4月で、初めての年越しです。
日々大量の本が出てくるなかで参考として活躍する、良い読書へのアクセスサイトにするという理念で運営しています。
当サイトのタイトルは、最初は「人生分析」(7つの習慣みたいな系統の本をたくさん読もうとしていたため)、その次に「読書フィルター」(記事にする本をしぼりこんでいると感じていたため)、その次に今の「読書アクセス」(良い本とユーザーをつなぐ場になるかもしれないと考えたため)と遷移してきました。
構成については、本を読み進めるとき持っていると内容がより入ってきやすいような視点をなるべく盛り込もうとしています。

常に僕自身で読んで良いと思ったものを記事にあげてきました。たくさんの良い本に出会えて、amazonに出品している沢山の本屋さん、みなとみらいや神谷町、新宿の本屋さんに感謝しています。
来年はどんな記事をあげていくか、どんなものに出会えるだろうかと今からわくわくしています。

それでは皆さん、よいお年を。
来年もよろしくお願いします。



カテゴリ

プロフィール

kazunori

Author:kazunori
こんにちは。読書アクセスを運営しておりますカズノリといいます。
趣味は読書とラジオを聴くことです。
本屋をぶらつくのが好きで、仕事帰りや休日に歩き回っています。ネットで色々なサイトも見ながら本の情報を仕入れては、家やカフェ、通勤途中で、読書をして考えごとを巡らせています。

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる