読書アクセス
「充実した読書につなげられるような案内作り」をテーマとして、多読のビジネスマンが本の紹介や比較をしているWebサイト
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

「フリー」クリス・アンダーソン著



本書は科学雑誌「wired」の編集長を10年務め、その後起業して経営者となっている人物が経済活動の新たな視点を提起する本だ。
あらゆるデジタルサービスが無料化を進めているが、それはコンテンツを無料で配信することとなる作り手にとって必ずしもマイナスではない、という考えを掘り下げている所は現代のビジネスモデルを考えるのに有用だと思う。

[見解]
無料ビジネスは「一部だけ無料」「第三者から料金獲得」「特別なものだけ有料(フリーミアムと呼ばれる)」の3パターンあり、これらは従来から存在していた。しかし無料化しやすいデジタル情報が増えており、今後特に注目されていく。
[内容]
ファンを得るまでは無料で活動するアーティストや無料試供品など、無料ビジネスはもともと存在していたが、これからサービスの一部をYouTubeで無料配信する、ゲームの一部だけ無料で遊べるなどデジタルを絡めた無料ビジネスが増える。
この直近の例では、TEDが内容を無料配信しつつも来場チケットを高値で売ることに成功していることなどを挙げている。
また、広告掲載で収益をあげ、利用者は無料というビジネスは既に多く成り立っている。

[比較と特徴]
デジタル技術の活用方法の1つとしての無料化活用ビジネスにテーマをしぼり、具体例をあげながら説明している所が特徴だ。
他にデジタル技術のビジネスへの活用を提案する本には大前研一氏の著作「テクノロジー4.0http://kazunotesu.jp/blog-entry-119.html?sp」がある。
比較対象を挙げたものの本書の内容は無料化だけを扱う点でとても独特なので、内容の気になる方は書店の立ち読みでも、実際に読んでみるのが良いだろう。




未来予測を投資に活用する技術を述べた本

ビジネス英語なら GlobalEnglish 日経版

「天職」秋元康・鈴木おさむ著
秋元康と鈴木おさむの両氏が、対談形式で仕事についての考え方を述べている本。
どんな仕事を天職と考えるか、仕事で一流になるのはどんな動き方をしている人か、等仕事についての疑問に一つの見解を示してくれている。

[見解]
夢の種は「おもしろいな」と思えるもので、それに向けて一歩何か動き出せば天職に向けて進んでいける。そして、一流の人はその仕事にあきることがなく、他の人がすごい努力と思うことも当たり前にこなしていく。
[特徴と比較]
上記の見解以外にも企画を通して面白い仕事を実現する工夫など、まるで面白い日々の出来事を楽しく喋るかのように二人の対話で伝えられる。
それもテーマごとに10ページ以内に小まめにまとめられているので読みやすく、ラジオでも聴いているかのように気楽に進めていけるのが特徴だ。
仕事への考え方は、とても「自分の心に耳を澄ますこと」に注力している。
同じ内容を、好きなことに夢中になる面白さを語る本書のスタンスでなく、もっと表現を強烈なものにしていくとスティーブ・ジョブズのスピーチになるだろう。http://kazunotesu.jp/blog-entry-139.html?sp

また、就職活動等で仕事を考えるのに有効なものは大企業もベンチャー企業も経験してきた先人の本「森川亮氏の作品http://kazunotesu.jp/blog-entry-102.html?sp」「松本大氏の作品http://kazunotesu.jp/blog-entry-106.html?sp」だと思う。  

他にも、直接的に自分のしたいことを思い起こしていく「1000の質問http://kazunotesu.jp/blog-entry-117.html?sp」も役立つと思う。

ワークライフを考えることは多くの人がずっと続いてきている取り組みだ。人により様々な意見があって発見も多いため、様々な人の本を読むことをおすすめしたい。

~~~~~
http://blog.goo.ne.jp/kazunotesu
アクセスVISION: 様々な業務を考えてみているサイト

http://amzn.to/2roe9N5
未来予測の投資論: 事業の未来を考える本




「起業する前に読む本」ロバート・キヨサキ著
本書は「金持ち父さん貧乏父さん」で知られる著者が、特に起業する際の注意点をアドバイスするために記した本だ。
様々な本やネット記事等によって起業にふみだすとき、役に立つかもしれない情報が述べられている。

[見解]
起業する人は、扱う製品の知識・関連する法律と手続き・事業に関わるシステム・顧客に売り込むコミュニケーション・キャッシュフローの管理という5つのカテゴリーの知識を備えたチームを築き、事業を行わなければならない。
また、その能力を身につける過程では失敗も起こるが、それも事業の一環ととらえて早くこなすのが良い。
[比較と特徴]
金持ち父さん貧乏父さんに比べて、事業を行うことについての内容に特化している。また、起業について自営業とチームを組んでの経営とを分け、その移行のために必要な取組みにも言及しているのは特徴と言える。
経営方法については冨山和彦氏の著作http://kazunotesu.jp/blog-entry-136.html?spが具体的で分かりやすいほか、大前研一氏が要点をまとめた作品http://kazunotesu.jp/blog-entry-80.html?spも存在している。
また、その後のステージで経営の枠組みをじっくり考えたい場合にはマービン・バウアーの名著http://kazunotesu.jp/blog-entry-31.html?spが整理されていて良いと思う。

http://blog.goo.ne.jp/kazunotesu
アクセスVISION: 事業モデルについて様々に考えているサイト


「稼ぎ方の教科書」田原総一朗 著
本書はコメンテーター田原総一朗氏による起業家たちへのインタビューだ。
雑誌で見たことのあるような8人に対して、なぜ事業を立ち上げたのか、どんな苦労をしてきたのかを聞いている。例えば、そこそこ上手くいっている会社から起業に踏み出した理由などだ。

[内容]
インタビューの会話から、起業のストーリーや経営で心がけてきたことなどを引き出している。規制のある中での政府との交渉、競合が現れたときのプロモーションによる差別化の話etc.
[比較と特徴]
リアルな経営での工夫の数々が、記憶の鮮明な状態で述べられていることが特徴だ。
大物経営者による回顧録(例えば、IBM社のルイス・ガースナーhttp://amzn.to/2roM7hK)ははるかに分析的で体系的に戦略を学べる良書であるが、それとは別に現在のフレッシュな成功体験談の数々も新しさにより価値があると思う。

ビジネス書を読まないような人も、体系的にある程度の数作品を読んできた人にとっても、ニュースのように経営の工夫を知ることができる面白い本だと思う。





「金持ち父さん貧乏父さん」ロバート・キヨサキ著
本書は仕事をする人に「何のために働いているのか」と問いかけ、もしもそれが多少なりともお金のために嫌々やっていることなら脱け出すための方法を教えよう、という一冊だ。
(毎日楽しくて仕方ない、能力を発揮して十分な収入を得ている、という場合はきっと面白い本ではない。)

[比較と特徴]
本書では、従業員として働く他に
・ビジネスを所有する
・収益力のある資産を保有する
ということによって収入を得る道があることを提示している。収益力のある資産は、例えばマンションだったり株式だったりする。
そして著者が不動産などで収入を増やしていった話を実際に解説している。

[比較と特徴]
現在はさまざまな雑誌で不動産や株式への投資が呼びかけられ、クラウドファンドもネットで活動しているため中々新しさを感じないが、「どうして投資を良いものだと言う人が多いのだろう」と改めて疑問に思うことがあれば、この本は丁寧に答えてくれるだろう。
ずっとサラリーマンを続けて苦労した人の背中から学び、その否定から入っているところがあるので、働くことを述べる本を他にも複数読むことで公平に判断できるようになるだろう。
楽しそうに会社に所属して働いている内容を述べている例には、「ルービン回顧録」や「人は仕事で磨かれる」などがある。一般に、既にある会社で主体的に働くということにも大型の資本を用いてビジネスできるというメリットがあり、どちらが良いかは一概には言えないだろう。


ただ、仕事の楽しさを感じられず悩む人に対して資産を築いて脱け出すことを分かりやすく教えてくれている本書は、選択肢を広げてくれる良書であり、おすすめの本である。

http://amzn.to/2rlVkaB
1万年の未来予測: 悩む気持ちが軽くなるかもしれない本
http://amzn.to/2rm0Wl4
事業動向の予測技術: 事業動向を考える技術の本




「コーポレートファイナンス実務」松田千恵子著
本書は銀行員→戦略コンサルタント→大学教授と歩んでいる著者が、企業の本社機能の役割をファイナンスの面から述べた本だ。
事業の今後の展開を財務諸表の形で数年分作り、資金需要を見積もる手法やファイナンス用語の説明など、分かりやすく述べられている。

[内容]
企業にとって本社は社内投資家と考えることができ、そこが事業部門の収益性や予算、進退を考えることで会社の収益力が管理されている。
管理の一環で資金集めをするのには財務諸表を将来数年分にわたって見積もるファイナンシャルプロジェクションを投資家や金融機関に見せることが、必要金額を分かってもらうのに有効である。

[比較と特徴]
説明を要約して書いてしまうと上記の当たり前な文章になるのだが、その説明の分かりやすさが企業財務の仕事を扱う同種の本に比べて圧倒的であるという印象。
投資家目線で読んでも、会社の値段を推測するのに役立つだろう。ちなみに最初から投資家目線で記されている本にはファンドマネージャーによる作品http://amzn.to/2rlHqo1もおすすめだ。

事業に関わるとき、利益がどのように出ているのか気になることのある人は、基本用語の解説も載っている本書を読むのが良いだろう。

http://amzn.to/2rm0Wl4
事業動向の予測技術: 事業の動向を予測するのに未来予測の技術を活用することを述べた本

http://amzn.to/2rlXC9O
読書の技術: 本を読んで力にするための方法論を述べた本




「株で勝つ」ピーター・リンチ著
本書は、アメリカのファンドマネージャーが株式投資で成功するための方法を解説した本である。
1990年に日本語の初版が出ているが、その内容は普遍的であり、安定的に成果を挙げるための知識が豊富に述べられていると感じる。


[見解]
株式の値段は利益と変動するが、利益が動き出す始まりは消費者にうけることであって、それを感じとれる個人投資家には十分に勝つチャンスがある。もちろん、その時点で時価総額が純利益の50倍になっていたりと割高であれば値上がりは困難なので、基礎的な確認は行うべきだ。
[特徴と比較]
とても分かりやすい説明であり、企業価値の評価方法を経営目線でテーマとしている他の本(http://kazunotesu.jp/blog-entry-148.html?sp)よりも株式投資の知見が身につきやすいと思う。
また、同じくファンドマネージャーの作品であり比較的直近に日本で活躍する人の本http://amzn.to/2rhUrz7もおすすめで、こちらも日本市場の概略を説明し、株式投資でのポートフォリオの組み方を解説するなど内容が多岐にわたる。
この2冊では、先に投資の目的を考えるよう勧めたり、利益と株価の連動を指摘して時価総額と利益の比率をチェックするよう言ったりと重なる話が多い。どちらかでも良いと思う。

http://amzn.to/2riR9w2
未来予測の投資論

http://blog.goo.ne.jp/kazunotesu
アクセスVISION



「企業価値評価」マッキンゼー社編著
本書は企業の価値をどのように算出するべきか、そして企業はその価値を高めるために何に注力すべきか、という問いに対してのマッキンゼー社の解答だ。
財務諸表で使われる言葉を用いて説明を進めたりしているが、言葉の解説も為されているので読み手が一から理解できる構成になっている。

[見解]
企業の作り出す価値は、事業で得たキャッシュベースの利益から資本調達の費用を引いた金額である。そして企業そのものの価値は、その利益を将来にわたって考慮した金額となる。
企業は事業に投下した資産からどれだけ利益を得られるかという効率、利益額をどれだけ増やせるかという成長の両方に意識を向けて価値を高めていける。
背景となる考え方は、
・企業は稼ぎだしたキャッシュによって価値を測ることができる。財務諸表上の利益額は操作可能なため分かりにくい。
・将来のキャッシュベースの利益も割引率をかけて現在価値に直せば計算できるが、その予測はある程度可能である。
etc
[比較と特徴]
本書に出てくる財務諸表の話や「市場」は米国の内容であり(日本とアメリカは財務会計ルールが違うし、10年国債の利率も0.04%と2.3%程と違っている)、細かい部分には日本とのギャップがあるが論理は分かりやすい。
細かい財務会計のような話(キャッシュフローを計算するのにどの勘定項目をどう扱うか等)も少し出てくるが、それらは上記見解にまとめた内容の補足となるものだ。
日本で企業の価値について述べるものには株価をテーマとするファンドマネージャーの作品などがいくつか存在する。本書はそれらの理解をするののも役立つと思う。
(参考となる他の人々のサイト)
http://diamond.jp/articles/-/30025
著者の一人にダイヤモンド誌がインタビューをしている記事。本書の内容について受け答えしている。
~~~~~
http://amzn.to/2rg5UiH
事業動向の予測技術: 事業の動向をみる技術について述べている本
【ブックオフ】公式宅配買取サービス【送料・手数料無料!】

「ムーンショット」ジョン・スカリー著
本書はペプシコーラをコカ・コーラの競合までに育て上げ、ジョブズと共にアップル社で働き、そこからもベンチャー企業育成に関わってきた人の社会の見方が述べられた本だ。
シリコンバレーの人たちが述べるような起業論にとどまらず、これからの一般的な働き方、中流層と呼ばれる人々のライフスタイルの移り変わりについての洞察も加えながら、働く人はこれから何を考えるべきかを述べている。

[見解]
これからの企業経営はキャッシュフローよりも顧客満足度を重要な指標とする。顧客の意見は瞬時に共有され、企業を世界の大企業にすることもできる。
また、そのような顧客目線を取り入れた新たなビジネスが増える一方で従来の先進国中流層のような多くの所有と消費は起こらず、シェアによるライフスタイルが多数派になる。

[比較と特徴]
シリコンバレーの有名人が起業を語る本としては他に「BOLD」http://kazunotesu.jp/blog-entry-107.html?spなどがある。そちらはテクノロジーへの言及が多い。
ビジネスモデルや社会構造からこれからの社会での事業を考えるのであれば、本書の方が優れているはずだ。スティーブ・ジョブズやラリー・ペイジのエピソードも登場しており面白く読み進められるだろう。
http://www.itmedia.co.jp/news/spv/1611/25/news062.html
著者のジョン・スカリー氏についての紹介とインタビューの載っている記事があったため合わせて紹介しておく。

~~~
http://amzn.to/2pobQK1
未来予測の投資論~未来の社会を考えて経済を読みとく視点を述べた本

http://amzn.to/2pnYcqg
事業運営論~事業の形を述べ、そこに未来の変化を反映して考える視点を述べた本

http://amzn.to/2pnXJUY
1万年の未来予測~ついでに1万年後まで考えてみたくなったときに読む本




「アンネの日記」アンネ・フランク著
第二次世界対戦の最中、オランダに住んでいた中学生の女の子が書いた日記。アンネの感情の豊かさと文章に表現する才能から、世界史に残る戦争の解説本となった。
戦争がどのように日常生活を破壊するかということに加えて、人種差別などの政治的決定が日常生活に与える影響も文章の中に表れている。

[内容]
まず、本書は70年以上前ではあるが中学生の女の子の日記である。
内容は親を好きになったり嫌いになったりする葛藤であったり、クラスの皆のことであったり、将来はものを書くのが好きだから作家になりたいという話だったり、男の子を好きになったり分かりあえなさを考えたりしている話だ。
しかしそこに、「ユダヤ人だから~は禁止されてるんだ」、とか「隠れ家にいると戦闘機の音がする」などの背景が語られており、最後は突然日記が途絶える。隠れ家の摘発である。
[比較と特徴]
本書の特徴は、著者が物事をたくさん考える少女であったこと、感性の豊かさをもって現代にも伝わるような日常生活を扱っていることである。読者は時代や国に関わらず、そこに等身大の暮らしを見出だすだろう。
そこに戦争や差別の影響が入ってくることが、とても多くの読者に「戦争や差別の本当の姿」を伝える結果になっている。
比較対象として「夜と霧」、「全体主義の起源」などがあり、戦争体験や当時の政治の仕組みを解き明かしているが、今と同じような普通の暮らしを、日常生活をベースに描き出していることにより、本書は読んだあとに心のなかで圧倒的な存在感をもつ。

どこか遠くに感じやすい政治の出来事を、感情をもって考えるようになる可能性がある。戦争を考える本を挙げるように言われたら、本書は間違いなく筆頭である。
(関連する話題の記事)
https://matome.naver.jp/m/odai/2141546134079385501
Naverまとめの記事。登場人物の写真などを掲載している

http://geneve.blog.so-net.ne.jp/2010-08-22
ヨーロッパに長く住んだ方が、現代のアンネの隠れ家の様子を伝えている記事


カテゴリ

プロフィール

kazunori

Author:kazunori
こんにちは。読書アクセスを運営しておりますカズノリといいます。
趣味は読書とラジオを聴くことです。
本屋をぶらつくのが好きで、仕事帰りや休日に歩き回っています。ネットで色々なサイトも見ながら本の情報を仕入れては、家やカフェ、通勤途中で、読書をして考えごとを巡らせています。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる